Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
MUPウサギクラスアウトプット

ストレスを与えない話し方とは?トークスキルを上げる方法3つ

ストレスを与えない話し方とは?トークスキルを上げる方法3つ

トークスキル講座:最終回です!

今回は最終回に相応しい重要な『ストレスを与えない話し方』

聞き手はストレスを抱えているか、抱えていないかで理解力が変わり、話を聴いてくれるかどうかも違ってきます。

ストレスを与えない話し方とは?トークスキルを上げる方法3つ
  • ストレスを与えない話し方とは?
  • 具体的に何をしていくか
  • 1つの方法

ストレスを与えない話し方とは?

ストレスを与えない話し方とは?トークスキルを上げる方法3つ
  • 優秀な話し手の特徴
  • 文章を整理して話す
  • 「ここだけでも覚えてください」
  • 優秀な話し手の特徴

優秀な話し手の特徴はストレスを与えない話し方。

文章構成の時点でしっかり作りこまれているので、聞き手にストレスを与えない。

聞き手のために準備万端なんですね。

ストレスを与える話し方は、話をちゃんと構成がされていない状態。

聞き手が話を整理しながら聞かなければいけない。

それがストレスとなります。

文章を整理して話すことはとても大事です。

  • 「ここだけでも覚えてください」

聞き手はトークのどこが大事かを探りながら話を聴いている。

「ここだけでも覚えてください!」「ここ大事ですよ!」と明確に提示することで聞き手にストレスを与えない。

具体的に何をしていくのか?

ストレスを与えない話し方とは?トークスキルを上げる方法3つ
  • CRECの法則を使う
  • 段落を分ける
  • どこの話かを強調
  • CRECの法則を使う

結論、根拠、事例、結論のCRECの法則を使っていきます。

CRECの法則を使うことで話をわかりやすくすることで相手にストレスを与えません。

⇒【トークスキル講座2回目】CREC法とは?

  • 段落を分ける

段落を分けるというのは、今何の話をしているのか、どこの話をしているかを強調します。

例
今、ストレスを与えない話し方が終わったので、次は具体的に何をしていくかを話します。

1つの方法

ストレスを与えない話し方とは?トークスキルを上げる方法3つ

ストレスを与えない話し方ができるのは、1つの方法です。

  • 台本作成時に作りこむ

ストレスを与えない話し方の最短最速の方法は台本作成

プレゼンが下手な人が多い理由は、台本をしっかり作っている人が少ないから。

トークが上手い人は、台本作りに時間をかけています。

これは才能ではなく、スキルです。

スキルは誰でもできるようになるので時間をかけてでもトークの土台である台本作りをしていきましょう!

以上で、MUPウサギクラスアウトプット『トークスキル講座』は全編終了です。

もっと詳しく知りたい方は竹花さんのMUPウサギクラスに入会して勉強してください!

しんちゃん
しんちゃん

しんちゃんの紹介番号218079を入力し、メッセージをください。

仲良くしましょう!

最後までありがとうございました!

是非、このHPをブックマークしてください!

しんちゃん
しんちゃん

YouTubeでトークのアウトプットを今後していきたいと思います。

これも何かの縁なので、わんぱくモンスターズのチャンネル登録お願いします!

つっちー
つっちー
チャンネル登録よろしく!

 

⇒【トークスキル講座2回目】説明が下手、話が上手く伝わらない人はCREC法で話し方が変わる?

⇒【トークスキル講座3回目】話をまとめるコツ!台本作成

⇒【トークスキル講座】4回目:プレゼン必須ポイント!BFAB法の解説とメリット

⇒【トークスキル講座】5回目:トークスキルの上げ方!パクって磨くTTP戦略とは?

⇒【トークスキル講座】6回目:人を引き付ける話し方!

⇒【トークスキル講座】7回目:飽きさせない話し方とは?