Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
コミュニケーション能力

相槌「そうなんだ」が口癖の人の心理・性格!ウザい?男女の違いは?

相槌「そうなんだ」が口癖の人の心理・性格!ウザい?男女の違いは?
言葉というものは身近でありながら、人とのコミュニケーションに欠かせないものです。

そして、どんな言葉を選んで使うかということは、自分自身の人となりを表しています。

言葉選びによって、相手に好感を抱かせるか、悪感情を抱かせるかが変わってきます。

あなたの周囲にいる人を思い浮かべてみましょう。

その人に対してあなたが好感を抱いている場合、その人はあなたにとって心地の良い言葉を発しているはずです。

反対に悪感情を抱いている場合。

これは、相手がどこかしら嫌な言葉選びをしていることでしょう。

これらは、あなたが言葉を発する側であっても変わりません。

言葉の影響力は大きいもので、言葉の一つ一つから相手や自分の感情を推測していくことができるのです。

多々ある言葉の中に、「そうなんだ」というものがあります。

深く考えず、とりあえず相槌を打ちたい場合にも便利な言葉であり、何とはなしに使ってしまう人もいるのではないでしょうか。

しかし、「そうなんだ」は注意が必要な言葉でもあります。

「あなたの話題に興味が無い」という意思表示にもなり得るからです。

興味を抱いてくれない人には、好感を抱きにくいものです。

最悪の場合、悪感情を抱かれることで関係が切れることも考えられます。

普段良く口に出してしまうと言う人は、充分に気を付けた方が良いでしょう。

では、良く「そうなんだ」と言ってしまう人は、どんな特徴を持っているのでしょうか。

中年男性の場合は?

相槌「そうなんだ」が口癖の人の心理・性格!ウザい?男女の違いは?

働き盛りの中年男性は、家庭に仕事に疲れ果て、相手に配慮した言葉を選ぶことができない場合もあります。

そんなとき「そうなんだ」という言葉を発してしまいがちです。

中年男性が「そうなんだ」を多用するとき、そこに悪意はないと言っても良いでしょう。

相手に配慮した言葉を探す余裕が無く、無意識にその言葉を選んでしまっていることが殆どです。

もしくは、相手への相槌に困った結果「そうなんだ」と言ってしまう、ということも考えられます。

話し相手との年齢が違うほど、適切な言葉は選びにくくなってしまいます。

その結果、使いやすい「そうなんだ」という言葉を発してしまうのです。

こう踏まえると、中年男性の「そうなんだ」はあまり責めるべきではないと言えるでしょう。

中年女性の場合

相槌「そうなんだ」が口癖の人の心理・性格!ウザい?男女の違いは?

中年女性の場合は、中年男性とは少し違った側面が見られます。

男性に比べ、女性はコミュニケーションに優れている傾向にあります。

相手の気持ちを読み取り、適切な言葉を選び取る能力に長けているのです。

特に中年女性は、それなりの年数を社会の中で生活しているはずです。

その上で「そうなんだ」を多用している場合、相手の話を聞けない人だと考えることができます。

「そうなんだ」と言う頻度が高ければ高いほど、相手を尊重できない人と見ることもできるでしょう。

そういった中年女性は、人からも尊重されていない場合が多々あります。

人から尊重されずにいれば、相手を尊重することも難しくなってしまいます。

「そうなんだ」を多用する陰には、そんな事実が隠されているかもしれないのです。

「そうなんだ」が口癖の人への返し方は?

「そうなんだ」が口癖の人への返し方は?

「そうなんだ」は、つい口にしてしまいがちな言葉でもあります。

しかし自分が言われた際は、返答に困ってしまう言葉でもあるでしょう。

会話の相手に「そうなんだ」と言われた場合は、どう返答するのが良いのでしょうか。

「そうなんだ」という言葉は、先述の通り、「あなたの話に興味が無い」という意思表示にも繋がります。

つまり、「そうなんだ」と言われることで面目を潰されているともいえるのです。

では、「そうなんだ」と言っている本人の真意を考えてみましょう。

悪意がある場合を除いて、深く考えずに口に出してしまっていることが殆どのはずです。

であるならば、相手の面目をも潰すような返答をするのは考え物です。

また、一言で返答を返して会話を終了してしまうのも、避けた方が良いでしょう。

一番無難な返答としては、それまでの会話をおさらいして、纏めて返すというものです。

「そうなんだ」と言われたときに、「はい。~なので、~してください」と伝えるのです。

この方法であれば、相手と自分の面目を守りつつ、会話の体裁を整えることができます。

また、それまでの内容も再確認できますので、認識の齟齬を防ぐことができるでしょう。

「そうなんだ」が口癖の人の心理とは?

「そうなんだ」が口癖の人の心理とは?

「そうなんだ」は使いやすい言葉であると同時に、頻繁に使う人はそう多くはありません。

特に若年層においては、「そうなんだ」という言葉に嫌悪感を抱く人も少なくありません。

女性
女性
相槌が「そうなんだ」の人はウザい。

彼らは、友人とのコミュニケーションを大切にしているため、言葉そのものを慎重に選んでいるからです。

反面、「そうなんだ」を日常的なものとして使う人も、少数ながら見受けられます。

そういった人の殆どは、人付き合いが苦手であったり、人の気持ちを慮ることが苦手であったりします。

では、「そうなんだ」を日常的に使う人達は、どんな気持ちでこの言葉を使っているのでしょうか。

興味がない場合の相槌

「そうなんだ」が口癖の人の心理とは?

話題が深刻であったり、興味を惹かれるものであったりすれば、「そうなんだ」という言葉が出てくることは少ないでしょう。

反面、その話題に価値を見いだせず、面白くもないものであれば、適当な相槌の言葉として使ってしまいがちです。

「そうなんだ」には、「会話がつまらない」という気持ちが表れている場合があるのです。

本来、この気持ちは隠しておいた方が無難です。

「そうなんだ」と連発することは、対人関係的にも良いことでは無く、亀裂が入る原因にもなってしまいます。

自分が言うのではなく、よく「そうなんだ」と言われる場合は、自分自身の話し方を変える努力が必要かもしれません。

特に、不特定多数の人に言われてしまう場合は、要注意です。

常に脈絡のない話をしていないか、自分本位で話していないか。

今までの会話を考えて、直すべき点があれば改善していきましょう。

そうすることで、「そうなんだ」と言われる頻度も減っていくことでしょう。

⇒関連記事:話がつまらない男の特徴と改善!

悪気がなく使う場合

「そうなんだ」が口癖の人の心理とは?

会話が退屈であるという意思表示ではなく、本当に何気ない一言として、「そうなんだ」と言っている場合があります。

悪意も何もなく、その言葉そのものを使っているのです。

見極めるのは難しいものかもしれませんが、相手の雰囲気を踏まえて考えてみましょう。

退屈さや悪意を表すものでなければ、こちらとしても軽く流す方が良いのです。

「そうなんだ」が口癖の人が相手に与える印象

「そうなんだ」が口癖の人が相手に与える印象

「そうなんだ」を常々使っている人に、一体どんな印象を持つでしょうか。

おそらく、あまり良い印象を持たないことでしょう。

これは、自分がこの言葉を使う場合にも当てはまります。

また、「そうなんだ」を日頃発するようになるまでには、様々な背景があるはずです。

例えば、相手から尊重されることが少なく、会話に楽しみを見いだせない日常を送っているなどです。

「そうなんだ」はどちらかと言えば、マイナス面を強く持つ言葉です。

言うのも、言われるのも、できるだけ避けた方が良いでしょう。

相手がウザい場合に使う

「そうなんだ」が口癖の人が相手に与える印象

話の内容が我慢ならず、どうしても腹が立つときがあるでしょう。

そんなときは、語気荒く「そうなんだ」と話しを打ち切ってしまいたくなります。

このことからも分かるように、「そうなんだ」は苛立ちを押さえられないときに使う言葉でもあります。

片方がそんな気持ちになっているということは、相手側も似た感情を抱いているはずです。

つまり、もう少しでお互いの感情が爆発してしまうような、危険な状況にあるのです。

この状況になると、「そうなんだ」という一言が起爆剤になりかねません。

険悪になればなる程、関係は取り返しのつかないことになってしまいます。

そう考えていくと、「そうなんだ」を使わずに済む会話を心がけた方が、良い人間関係を築けると言えるでしょう。

「そうなんだ」を使う相手は脈無し?

「そうなんだ」を使う相手は脈無し?

例え悪意はなくても、「そうなんだ」は話に興味が無いという合図でもあります。

また、使ってしまいがちな言葉でありながらも、良いイメージを持たれることはありません。

片思いの相手と会話をしているときに、「そうなんだ」と言われた場合はどうなのでしょうか。

彼もしくは彼女と、付き合える望みはあるのでしょうか。

これは、望み薄と思った方が良いでしょう。

好意を抱いていれば、どんな会話でも楽しいものです。

興味の無い話題も、なんとかして付いていこうとしてしまうはずです。

「そうなんだ」と言ってしまうと、会話が終わる可能性が高まります。

その人と付き合いたいのであれば、こういった言葉選びはしないということができるのです。

「そうなんだ」には2つの意味

「そうなんだ」を使う相手は脈無し?

何故「そうなんだ」という言葉を選ぶか、考えてみましょう。

一つは、会話の文脈そのままに、納得する意味で使っている場合。

そしてもう一つが、相手に悪意を抱いて(少なくとも、好感を抱いてはいない)いる場合。

このように、ただ一言「そうなんだ」とはいっても、全く違う意味になり得るのです。

使われて良い気分の言葉でないことは確かですが、その裏にある気持ちを読み取ることで、少しは気楽に受け止めることができるでしょう。

「そうなんだ」と言わせない会話

「そうなんだ」と言わせない会話

使う側も、使われる側も、あまり良い気持ちにはならない「そうなんだ」という言葉。

言ってばかりの人は、これからは「そうなんだ」を極力使わないよう心掛けていきましょう。

また、使われてばかりの人は、自分の会話内容に非が無いか、改めて確認していきましょう。

そうすることで、これらかの人間関係はより良いものとなるはずです。

最後までお読みいただきありがとうございます!

ブックマークお願いします!