Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
人生

恐怖心を克服したい!失敗を恐れない人の心理と成功するための心得!

恐怖心を克服したい!失敗を恐れない人の心理と成功するための心得!

子供の頃に、大人たちから「失敗を怖がってはいけない」と言われ続けてきた経験はありませんか。

また、大人になってから「失敗が怖く、何もできない」という弊害を実感したことのある人も、少なくないと思います。

女性
女性
失敗したくない…。

「失敗が怖い」というのは、人間として当たり前の感情です。

また、失敗を怖がらないということは、非常に難しいものでもあります。

しかし、何か新しいことを始めるときには、失敗への恐怖心を克服する必要があります。

今回の記事では、失敗に恐怖心を抱かないようになるための方法を説明していきます。

失敗を恐れる理由はなぜ?

恐怖心を克服したい!失敗を恐れない人の心理と成功するための心得!

誰しもが、「失敗を怖がる気持ち」を抱いています。

ではどうして、失敗を怖がるようになったのでしょうか?

幼いころは気にしなかった失敗

恐怖心を克服したい!失敗を恐れない人の心理と成功するための心得!

子供の頃のことを考えてみましょう。

いろいろなことにチャレンジしては、失敗を繰り返していませんでしたか?

そしてそのときに、失敗することを怖がっていたでしょうか。

随分昔のことで、あまり覚えていないかもしれません。

それでも、失敗への恐怖心は、今よりずっと軽いものだったはずです。

むしろ「失敗した」と認識することすら、少なかったのかもしれません。

子供時代のどこかで「成功は善」、「失敗は悪」という認識が出来上がります。

そして徐々に、失敗への恐怖心が強くなっていくのです。

教育やお金の存在

恐怖心を克服したい!失敗を恐れない人の心理と成功するための心得!

ではなぜ、失敗への恐怖心が強まっていくのでしょうか。

これには、いくつかの原因があります。

大きな一因として挙げられるのは、親や先生などが口にする「失敗したことに対する負の感覚」です。

例えば、テストで悪い点を取ったときや、家で何かを壊してしまったとき。

周囲の大人はどんな言葉を発して、どんな表情をしていたでしょうか。

落胆の表情をして、ときには、怒られることもあったかもしれません。

「なぜ失敗するんだ」という言葉を、投げかけられたこともあるでしょう。

口では「失敗しても良い」と言いながら、その実、失敗すること・されることを望んでいないのです。

こういったことが重なると、失敗は悪いことだという認識が根付いてしまうのです。

失敗するとお金にならない

恐怖心を克服したい!失敗を恐れない人の心理と成功するための心得!

生活するためには、どうしてもお金が必要です。

そして仕事の世界では、失敗が許されないことが往々にしてあります。

大人になると、子供や家族のため働く責任が生まれます。

子供のときには考えられなかったような、大きなプレッシャーがあるのです。

もし、失業したら?

もし、生活できなくなったら?

そう考えていく内に、失敗が怖くなってしまいます。

失敗した時に周囲の目を気にする

恐怖心を克服したい!失敗を恐れない人の心理と成功するための心得!

失敗した場面を人に見られると、とても恥ずかしいものです。

失望されるのでは、と思ってしまうと、居ても立ってもいられません。

本来、失敗はなんら恥ずかしいものではありません。

誰しもが、何度も失敗を繰り返していくものなのです。

そうはいっても、なかなか割り切れるものではありません。

過剰に気にして、余計失敗が怖く感じてしまいます。

それでは、今まで挙げてきたものは、失敗そのものを怖がっているのでしょうか。

むしろ、失敗したその後に訪れるものを怖がっているように思えます。

つまり、生活できなくなることや評価が下がることが怖いのです。

「失敗が怖い」と言うのは、失敗したことによる環境の変化や、人目が怖い、とも言えるのです。

⇒関連記事:童貞で見る応援され、人生が変わった体験談!

失敗を恐れる人の心理

恐怖心を克服したい!失敗を恐れない人の心理と成功するための心得!

失敗が怖いとき、どんな心理状態になっているのでしょうか。

ここから詳しく見ていきましょう。

やっても無駄と思ってしまう

例え一回失敗したからといって、今までの努力が無に帰する訳ではありません。

また、失敗すること自体に、大きな意味があるものです。

しかし、失敗を恐れていると上記のように考えることができません。

失敗で全てを無くしてしまうと考え、どこまでも無難に生きようとしてしまうのです。

どうせ自分なんか

失敗を恐れる人の心理

挑戦する前に、その結果が分かるはずがありません。

しかし失敗を怖がっている人は、何事も始める前から諦めてしまう傾向にあります。

自分が上手くいくはずがない、と思い込んでしまうのです。

自分に自信が無い、ということもできるでしょう。

子供の頃にやることなすことを否定される、怒られてばかりなどの経験があると、自分に自信が持てなくなります。

その気持ちを大人になっても引きずってしまっています。

とは言え、心の奥底では色々試してみたい気持ちもあるでしょう。

しかし自信の無さが災いして、ますます辛くなってしまうのです。

成功しなければいけない

失敗を恐れる人の心理

努力したからといって、成功が手に入る訳ではありません。

むしろ、幾度もの失敗の後に達成した成功の方が、より良いものでしょう。

失敗を怖がっている人の場合は、必要な失敗ですら避けてしまいます。

成功だけに重きを置いてしまうのです。

勿論、成功を目指すことは大切ですし、失敗できないというプレッシャーも、適度であれば

重要でしょう。

しかし、行き過ぎたプレッシャーは自分自身を追い詰めるだけです。

最悪の想像ばかりしてしまう

失敗を恐れる人の心理

失敗を怖がる人は、失敗したその後をより深く考えてしまいます。

失敗した結果、必ず悪い未来になる訳ではありません。

災いが福に転じることもあるでしょうし、望ましくない未来に繋がる可能性もあります。

両方の可能性を考えることができるのですが、どうしても悪い方向のことばかり考えてしまいます。

少し悪い程度で済めば良いのですが、失敗を怖がっていると、「失業する」「生活できなくなる」といった最悪のことばかりが頭をよぎります。

こんなことばかり考えていると、気持ちは暗くなっていきます。

また、それ以外のことを考えることができなくなってしまいます。

そうして、どんどん行動を起こしにくくなるのです。

失敗を恐れない人の心理とは?

失敗を恐れない人の心理とは?

失敗を怖がる人の心理状態を見てきました。

では、その逆の場合はどうなのでしょうか。

失敗≒経験

失敗を恐れない人の心理とは?

冷静に考えれば、失敗もまた人生の経験です。

失敗を怖がらない人は、失敗そのものをプラスの意味に受け取ることができます。

失敗で得たものを受け取り、次に生かそうと考えることができるのです。

失敗しても見捨てられる不安がない

失敗を恐れない人の心理とは?

失敗をして、笑われることや呆れられることはあるでしょう。

しかし、多少の失敗で周囲の人が皆離れていく訳ではありません。

必ず「見てくれている人」が存在するのです。

失敗を怖がらない人は、この部分が良く分かっています。

人に愛され、見守られているという認識を、強く持っているのです。

だからこそ、一度失敗しても立ち直り、次に向かうことができます。

自分のやりたいことに没頭している

失敗を恐れない人の心理とは?

失敗を怖がらない人は、自分が興味をそそられることに対し、ひたむきです。

失敗への恐怖よりも、好奇心が勝つのです。

例えば、自分の趣味をしているときに、失敗を怖がっているでしょうか。

むしろ、もっとやってみたいという気持ちが湧くはずです。

興味の有ることであれば、失敗や成功そのものではなく、過程が楽しく感じます。

失敗を恐れるのではなく、受け入れることができる

失敗を恐れない人の心理とは?

失敗を怖がらない人は、自分の気持ちに正直です。

怖いことは怖い、楽しいことは楽しい、やりたいことはやりたいと、素直に感じることができます。

「怖い」という気持ちは、その怖さを自分で否定してしまうと、ますます強くなってしまいます。

失敗を怖がらない人は、心底怖がっていない訳ではありません。

恐怖心も受け入れて、自分の中で消化することができています。

感情を否定せず、自分自身を肯定することによって、自信をもって物事に取り組むことができているのです。

失敗を恐れずに成功するための心得とは?

失敗を恐れずに成功するための心得とは?

誰でも、大なり小なり失敗への恐怖心を抱いています。

その恐怖心を一気に無くすことはできないでしょうが、打ち勝った上で成功を掴むことはできます。

その方法を見ていきましょう。

小さな一歩から踏み出す

「成功」とは大きな目標であり、全体的に見れば大きな行動が必要です。

そこで、成功に至る道を細分化していきましょう。

特に最初の段階では、容易に達成できる程度の小さな目標を目指して動くことが大事です。

最初から大きな目標に向かおうとすれば、どうしても疲れてしまいます。

途中で諦め、挫折してしまう原因になりかねません。

例えば、「ダイエットの成功」が最終目標だとしましょう。

ダイエットの成功のためには運動が欠かせませんが、いきなり長時間運動しようとしてはいけません。

まずは5分間の運動、次には10分間など、徐々に延ばしていくのです。

細かな目標を達成し、継続していくことで、大きな最終目標に辿り着くことができるでしょう。

恐れと向き合う時間を持つ

失敗を恐れずに成功するための心得とは?

恐怖心や不安感というものは、ハッキリと認識していないときの方が強いものです。

そのため、自分の気持ちを正面から受け止める必要があります。

「怖い」「不安だ」という気持ち。

何がそう思わせているのか。

そういった事実を認め、分析してみましょう。

方法としては紙に書く・独り言として話してみるなどが簡単で、効果的です。

実践していると、恐怖心が和らいでいくことが分かります。

また、どんな行動を起こせば良いのかも徐々に見えてきます。

行動に移すことが大切

失敗を恐れずに成功するための心得とは?

考え過ぎてしまうと、人はますます動きにくくなってしまいます。

嫌な考えが連鎖的に起こり、それ以外のことに目を向けにくくなるからです。

そんなときは一息入れて、ほんの少しでも動いてみましょう。

行動さえ起こしてしまえば、次にやるべきことが見えてきます。

そして解決の糸口は、意外と近くに転がっているのです。

いくらでも湧き出てくる不安感というものは、自分の考え過ぎに起因していることがほとんどです。

まずは動いてみて、「意外と大丈夫」であることを実感してみましょう。

過程を楽しむ

失敗を恐れずに成功するための心得とは?

人間が「楽しんでいるとき」のポテンシャルは素晴らしいものです。

楽しみながら物事を行えば、その成果は大きいものになり得ます。

しかし、その反対であればどうでしょう。

イヤイヤであったり、急き立てられていたりすれば、望んだような成果は得られません。

むしろプレッシャーがかかるばかりです。

失敗を怖がっていると、どうしても成功を望んでしまいます。

成功を望むあまり、その行為自体を楽しむ余裕が無くなってしまいます。

何かを行うとき、その結果ではなく、工程それぞれが楽しく感じられるように工夫してみましょう。

どうしても無理であれば、手を放してみるのも、一つの手です。

失敗しても愛されている

失敗を恐れずに成功するための心得とは?

人は誰でも失敗するものです。

失敗したからといって、何も恥ずかしいことはありません。

また、失敗によって愛される資格が無くなる訳ではありません。

「失敗しても大丈夫」だということを、しっかり認識するようにしましょう。

その認識を持つことで、行動を起こす勇気が湧いてきます。

失敗が怖くてどうしようもなく、悲しくなることもあるかもしれません。

しかし、それもまた当然のことです。

まずは自分で、自分を受け入れ愛してあげましょう。

ゆっくりと、失敗への恐怖心が和らいでいくことでしょう。

まとめ

失敗を恐れずに成功するための心得とは?

失敗を怖がらずに、様々なことに挑戦できる人。

こういった人は、決して特殊な訳ではありません。

同じように怖い気持ちや、不安な気持ちを持っています。

なぜ、しり込みせずに踏み出すことができるのか。

それは、自分で自分の恐怖心に折り合いをつけているからです。

怖いのは当然。

それでも、少しずつでも前進できるかどうかが、運命の分かれ道です。

恐怖心を完全に無くすことはできません。

そんな自分を受け入れ、勇気を奮い起こしてみましょう。

簡単なようで難しいことですが、大きく変わる自分を感じることができるでしょう。

一緒に成功していきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

よろしければ、ブックマークお願いします!

⇒関連記事:副業で単月119万円稼いだ話!

⇒関連記事:本気で人生を変えたい童貞の話!