Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
仕事

仕事ができるようになりたい!仕事ができる人の心理と特徴!できない人の違いは?

仕事ができるようになりたい!仕事ができる人の心理と特徴!
仕事ができる人はいつも明るく、プライベートでも人に対して気遣いができる人が多いと思いませんか?

やっぱり仕事ができる人は違うな、素晴らしいなと感じることも多いです。

このような人たちは、行動心理学や、言葉の使い方のテクニックを自然に身につけています。

あなたの周りにいる仕事ができる人もきっと同じような特徴があるはずです。

それでは、今回は仕事ができる人の特徴について紹介します。

仕事ができる人の心理と特徴

仕事ができるようになりたい!仕事ができる人の心理と特徴!

仕事ができない人だと思われるより、やはり仕事ができる人だと思われたいですね。

そんなあなたの為に、内藤誼人氏著書「一瞬でデキる奴になる!48の心理テクニック」から仕事ができる人の行動を参考にしてみましょう。

主張と一緒に理由らしきものがある

仕事ができるようになりたい!仕事ができる人の心理と特徴!

仕事ができる人の主張は、大抵いつでも認められます。

何故かと言うと主張と一緒に理由らしきものがあるからです。

ハーバード大学のE・ランガー博士によると、私たちは「理由らしきもの」がある。

すなわち「~だから~してほしい」という形式で頼まれると、なぜかNOと言えなくなるという。

”論理”ではなく”論理っぽさ”によって影響を受けるからである。

いかがでしょうか?

ただ主張ばかりしていたら、わがままに感じられそうですが、きちんと理由を説明されたら、認めざるをえないですよね。

仕事ができる人は、お願いの仕方も上手なのですね。

保険をかけた発言する

仕事ができるようになりたい!仕事ができる人の心理と特徴!

仕事では、自分の発言に責任を持たなくてはいけません。

できると言ったことは、責任を持ってやらなければいけませんよね。

仕事ができる人は、いつでも計算をして発言をしています。

例えば、この仕事いつまでにできますか?と聞かれたら、本当は3日で終わりそうな仕事だと感じていても、それ以上の時間を見積もって返答します。

こうすることで、万が一トラブルが起き仕事に支障がでてしまう状態になっても余裕があるので、約束を破る事はありません。

何事もなく、順調に進めば予定よりも早く仕事が終わるので“仕事ができる人”という印象を与えます。

いつでも失敗しないように、保険を掛けた発言をするようにしましょう。

相手に「手ごわい」と感じさせる

仕事ができるようになりたい!仕事ができる人の心理と特徴!

仕事ができる人は、自分の発言に対して必ず証明できる証拠を持っています。

やはり証拠もない発言は説得力に欠けます。

「・・・というデータがあるようですけど」

「・・・という噂がもっぱらでございますが」

といった具合に、

”証拠らしい”材料を自分でデッチ上げて、相手に迫る。

ズル賢い新聞記者が政治家を追い詰める時のような手法も、

いざという時には役に立つかもしれない。

こう言われたら相手も“手ごわいな”と感じるでしょう。

発言に対して、きちんと証明できる証拠を持っていることで、仕事を有利に進められます。

きちんと数字を示す

仕事ができるようになりたい!仕事ができる人の心理と特徴!

上記で紹介した内容と似ていますが、きちんと数字を示すことで仕事が有利に進みます。

仕事ができない人ほど、だいたいこのくらいなど感覚で話をします。

例えば若い人と言ったら、どのくらいの年代のことを言うでしょうか?

きっと話す相手によって考えが変わってくるはずです。

なので10代~20代半ばの人などきちんと数字で表現しましょう。

こうすることで、話の内容がより伝わる安くなります。

きちんと理解できる

仕事ができるようになりたい!仕事ができる人の心理と特徴!

上司から指示を出されても、きちんと理解できていなければ仕事になりません。

仕事ができる人は、言われたことを直ぐに理解できるという特徴があります。

それは何故かと言うと、話をよく聞いていることと、分からないことはすぐに質問し、すぐに解決しているからです。

しっかり理解できているので、仕事にも自信があり声が大きいのも特徴です。

スピーディーで効率が良い

仕事ができるようになりたい!仕事ができる人の心理と特徴!

仕事ができる人はやはり、いつもスピーディーで何事も効率よくこなしてしまいます。

何故かと言うと、仕事の全体像を頭の中に描いているため、優先順位を決め無駄がなく仕事ができるからです。

頭の回転が速く、今やるべきことを理解できているのですね。

なので、このような人は覚えも早くとても要領が良いのです。

人に任せることで、仕事全体をすすめられる

仕事ができるようになりたい!仕事ができる人の心理と特徴!

仕事ができる人には、仕事がどんどん入ってきます。

ですがどんなにスピーディーで要領がよくても、仕事の量に追いつかなくなります。

そんな時仕事ができる人は人の使い方も上手なので、うまくお願いをしたり、割り振りをします。

人に任せることで、仕事全体をすすめられるという人が本当に仕事ができる人なのです。

何でも一人でやるのが仕事ができるということではないのですね。

仕事が出来る人の習慣

仕事ができるようになりたい!仕事ができる人の心理と特徴!

仕事ができる人には共通した習慣があります。

それではその習慣について紹介します。

早めに準備をする

仕事ができるようになりたい!仕事ができる人の心理と特徴!

仕事ができない人は、遅刻が多かったりいつも時間ぎりぎりに出勤します。

ですが仕事ができる人たちは始める前に準備を欠かしません。

早めに出勤し、その日のスケジュールを確認したり、必要な資料を準備してその日のしけジュールを考えましょう。

休憩するのも上手

仕事ができる人は休憩するのも上手です。

人は集中できる時間が限られています。

作業効率をあげるためも休憩を適度にとり、リフレッシュするようにしましょう。

起床時間、就寝時間は変えない

仕事ができるようになりたい!仕事ができる人の心理と特徴!

休日に寝だめをしようとか、ダラダラ過ごしている人は休日の過ごし方も考えてみましょう。

リズムを崩してしまうと休み明けに出勤するのが辛くなり、仕事がはかどりません。

もちろん休日はリラックスして過ごすことが大事ですが、起床時間、就寝時間は変えないようにしましょう。

仕事ができる人になれる

仕事ができるようになりたい!仕事ができる人の心理と特徴!

いかがでしたか?

仕事ができる人たちはこのような特徴があります。

どれも難しいことではなく、仕事に集中すれば自然に身についてくることだと思います。

紹介した特徴や習慣を意識して、仕事ができる人と言われるようになりましょう。