Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
生活

LINEのアイコンを設定しない人の心理と特徴!男女の性格とは?

こんにちは!

「LINE」は、便利なコミュニケーションアプリとして多くの人が利用しています。

友だち登録した人のアイコンには写真や絵が設定され、それぞれの個性が出ていて見ていて楽しいですよね。

でも、中にはアイコンを設定していない男女もいます。

機能があるにもかかわらずその設定をしない人は、その人特有の心理が働いているのです。

そこで今回は、LINEのアイコンを設定しない人の心理や特徴についてご紹介したいと思います。

LINEを見てアイコンの設定をしていない人がいたら、当てはまるところはないかぜひチェックしてみてくださいね。

LINEのアイコンを設定しない男女の心理と特徴!

他人との関係が嫌になった

LINEのアイコンを設定しない人は、他人との関係が嫌になっている場合があります。

そこには、

心理
  • 他人に気を遣い過ぎる
  • 自分の意見や行動を抑え込んでいる
  • 他人にどう思われているか気になる
  • 他人と自分を比較してしまう
そんな心理が潜んでいるのです。

他人との関係が嫌になったからLINEのアイコンを設定していない人の特徴として、

特徴
  • 常にストレスを感じている
  • 忙しすぎて精神的に疲弊している
  • 自分を制御されていると感じている
などが挙げられます。

他人との関係は、ときに大きなストレスになります。

溜まったストレスを解消するには気分転換が一番ですが、それができずにストレスを増幅させてしまうと、やる気が起きず自棄になり、

何でもすぐに諦めてしまったり、

自分の意見を言えなくなったり、

傷つきやすくなったり、

集中力がなくなったり

と、マイナス面が大きくなります。

他人との関係が嫌になって自棄になってしまいそうなら、いっそ思い切って相手との関係を断ち切ってしまいましょう。

完全に断ち切るのが難しいなら、一緒にいる時間を少しずつ減らしていくのも方法です。

また、別の人と良好な関係を築いてみたり、ノートなどの自分の素直な気持ちを書き出してみたりすると、心が軽くなることもあるのです。

そうして気分転換することで、溜まっていたストレスが解消され、心に余裕が生まれます。

仕事や勉強の効率がアップしたり、

ここぞというときに集中できたり、

視野が広くなり新しい発想が生まれたり

など、物事がプラスに働きます。

もし、身近に他人との関係が嫌になっている人がいたら、自分は味方であることを伝え、疲れて心をさり気なく癒してあげましょう。

下手に説得しようとすると、逆に追い詰めてしまうこともあります。

そのときは逃げ道を作ってあげるのも有効です。

設定するのが面倒くさい

LINEのアイコンを設定しない人は、設定を面倒くさがっている場合があります。

そこには、

心理
  • 物事に固執したくない
  • 自分の本音を人に知られても構わない
  • 大声で話していても周囲のことが気にならない
  • 周りがきれい過ぎると落ち着かない
などの心理が潜んでいます。

設定するのが面倒くさいからLINEのアイコンを設定していない人の特徴として、

特徴
  • ガサツで大雑把
  • 人の話を聞かない
  • 人一倍声が大きい
  • 自分が悪くても開き直ることが多い
  • 整理整頓が苦手
  • 大切な場面で集中できない
などが挙げられます。

自分の好きではないことに対して、面倒くさい気持ちは誰にでもあるもの。

でも、やらなければならないことまで面倒くさがっていると、

細かいチェックを怠って失敗を繰り返したり、

深く考えずに思ったことをそのまま口にしてしまったり、

周りに配慮せず何でも雑に扱ってしまったり、

人が迷惑していることにも気づけなかったり

と、マイナス面が大きくなります。

いつでも自分の好きなように振る舞うのではなく、ときには面倒くさがらずに周りに目を向けることも大切です。

相手の気持ちを考えることで、考えてモノを言うようになります。

他人の目を意識することで自分勝手な行動を抑えることにもつながります。

また、少しの確認作業を怠らないことで、失敗することも少なくできるのです。

そうすることで、周りからの評価も上がり、トラブルを避けられるようにもなります。

もし、身近に面倒くさがりの人がいたら、不躾な発言にはあからさまに表情や態度に出して分かってもらうのもいいでしょう。

穏便に済ませたいときは、そういう人だと自分に言い聞かせて回避するようにしましょう。

機械音痴で設定が分からない

LINEのアイコンを設定していない人は、機械音痴で設定の仕方が分からない場合があります。

そこには、

心理
  • 仕組みが理解できない
  • 新しいものに対して知ろうとする意欲がない
  • 機械類に興味がない
  • 自分の知識を更新しない
などの心理が潜んでいます。

機械音痴だからLINEのアイコンを設定していない人の特徴として、

特徴
  • パソコン操作中にすぐエラーを出す
  • 説明書の内容が頭に入らない
  • 車の運転や機械の扱いが下手
  • スマホを上手に活用できていない
などが挙げられます。

一昔前と比べて、日常の中に機械類を操作しなければならない場面が増えています。

「苦手だから」「興味がないから」と分からないまま放置してしまうと、

周りの助けがないと何もできなくなったり、

すぐ頼ろうとする人と思われて嫌がられてしまう

など、マイナス面が大きくなります。

時代の流れとともに、分からないでは済まなくなることもあります。

将来困らないためにも、

分からない単語や操作が出たらすぐ調べることを意識する、

基本的な知識を身につける、

すぐに諦めずに時間をかけてでも慣れるよう努力する、

分からなくても感情的にならない

など、少しずつでも苦手を克服していきましょう。

そうすることで、日常の中のストレスが軽減され、

失敗が少なくなったり、

便利な機能を使って手間が省けたり、

時間やお金の節約になったり

得られるメリットが増えていきます。

もし、身近に機械音痴な人がいたら、基本的な知識や用語を覚えさせたり、そこで得られるメリットについて教えてあげるようにしましょう。

秘密主義

LINEのアイコンを設定しない人は、秘密主義である場合がります。

そこには、

心理
  • 自分の本音を知られたくない
  • 詮索されることが嫌い
  • 自意識過剰
  • 他人と深く関わりたくない
  • 自分の情報を知られたくない
などの心理が潜んでいます。

秘密主義だからLINEのアイコンを設定しない人の特徴として、

特徴
  • 一見冷静なようで人に話しかけられると動揺してしまう
  • 他人と目を合わせないようにする
  • 大勢でいるより一人でいる方が安心する
  • すぐに心を許すことはしない
  • あまり自分からは話題を振ることはない
などが挙げられます。

でも、あれこれと秘密を抱えてばかりいると、他人との良好な関係を築くことが難しくなります。

いつもおどおどしていると思われたり、

無意識のうちに他人を寄せつけない雰囲気を出してしまったり、

愛想のない人と認識されてしまったり

と、マイナス面が大きくなります。

そうならないためにも、まずは落ち着いた行動を心がけ、何事にも動揺しないような堂々とした振る舞いをしてみましょう。

また、無理に秘密ばかり抱えるのではなく、ときには誰かに打ち明けてみるのもよいでしょう。

そうすることで、周りとのコミュニケーションもとりやすくなり、

他人の良い面が見えるようになったり、

近寄りがたさがなくなったり

と、プラス面が大きくなります。

もし、身近に隠し事をしている人がいれば、相手の気持ちを汲みつつゆったりとした環境で話を聞いてあげるといいでしょう。

話さなければ無理に聞き出すことをせず、それでも構わないという気持ちで相手を受け入れるようにしてあげましょう。

人間関係がドライ

LINEのアイコンを設定しない人は、人間関係がドライである場合があります。

そこには、

心理
  • 他人への気遣いや駆け引きが面倒
  • まず自分が優先
  • 自分の持つ価値観は他人と一致していると思い込んでいる
などの心理が潜んでいます。

人間関係がドライだからLINEのアイコンを設定しない人の特徴として、

特徴
  • 他人に対して否定的な見方をする
  • 注意されると逆切れしたりどうでも良いような態度をとる
  • 自分に対する他人の評価に気づかない
  • 物事を冷めた目で見ている
などが挙げられます。

他人に気を遣ったり意識したりすることを、面倒に感じる人は少なくありません。

ですが、少しの我慢もせずに誰とでもドライな関係を続けていくと、

他人の気持ちを想像できずに行動してしまったり、

プライドばかりが高くなり、

物事が自分中心に回らないと気が済まなくなってしまう

そんなこともあります。

他人のことを思いやれないのに人には気遣いを求めていると、良好なコミュニケーションをとることも難しくなります。

そうならないためにも、自分のことばかりでなく、ときには周囲の人たちにも目を向けてみましょう。

相手を優先し、思い切って新しいことを始めてみたりすると、良い出会いに恵まれたり、今までとは違う世界を発見することもあるのです。

そうすることで、

やがて物事を損得で考えなくなったり、

心に余裕ができたり、

ふとしたことにも喜びを感じられるようになっていきます。

もし、身近に人間関係がドライな人がいれば、無理に親しくなろうとするのではなく、適度な距離を保ちながら上手に付き合うようにしましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございます。