Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
生活

悔しさをバネにして!糧にする方法とは?悔しさを感じる2つの心理

悔しさをバネにして!糧にする方法とは?悔しさを感じる2つの心理

悔しさをバネにする3つの手順と、悔しさを感じる2つの心理

誰しも一度は、「悔しい」と感じたことがあると思います。

やり遂げられなくて悔しい、思い通りにならなくて悔しい。

大人になると、悔しくても諦めざるを得ない場面、妥協せざるを得ない場面も増えてきます。

そして、「悔しさをバネにする」「という言葉を言われた人も少なくないでしょう。

「悔しさをバネにする」

プラスに捉える人もいれば、マイナスに捉える人もいます。

悔しさをバネに ・ 悔しさを糧に ・よい教訓として ・ 悔しさをテコに ・ 悔しさを肥やしに ・  苦節を経て

悔しさをバネにと悔しさを糧にも同じ意味ですよ。

そして、プラスにポジティブに捉えることができれば、人生にとってもプラスに働くことにつながるかもしれません。

今回は、悔しさとは何か、悔しさの中にある心理、そして悔しさをバネにするために必要なことについて見ていきたいと思います。

そもそも悔しさとは?

そもそも悔しさとは?

そもそも、悔しさとは何なのでしょうか。

悔しいという思いは苦痛を伴うので、できればあまり感じたくないと思う人もいると思います。

でも、悔しさとは何であるかを認識できれば、その感情をプラスに向けることができる場合もあるのです。

悔しさとは何か…良いもの?悪いもの?

悔しさとは何か…良いもの?悪いもの?

悔しいという感情の根底には、執着(しゅうちゃく)が一部にあると言われています。

何かに執着することは、それが果たされない限り満たされないということ。

つまり、執着しているものに対していつまでも進んでいかなくてはならないのです。

執着を持たなくなれば、人は幸福になるとも言われています。

悔しい感情=執着であると考えると、人にとってマイナス面が大きくなるのです。

悔しさの中にある心理とは?

悔しさの中にある心理とは?

悔しいという感情の根底にある執着心が大きければ大きいほど、満たされない思いが強くなり、やがて失望へとつながります。

それでは、悔しいという感情の原因は一体何なのでしょうか。

悔しさの中には、2つの心理が隠されています。

1つは、他人と比較した際に生まれる劣等感

そしてもう1つは、自分の思いや希望が叶わないことです。

執着心とは劣等感から生じた悔しさ?

執着心とは劣等感から生じた悔しさ?

悔しさの中にあるもの、それは劣等感である場合があります。

他人と比較して自分は劣っている、負けていると強く感じる人は、それだけ自分の中の劣等感を増幅させてしまいます

つまり、自分と他人を比較すること、競争することに執着しているのです。

強すぎる執着心は、やがて相手に対する憎悪に変わり、どんな手を使ってでも勝つことにこだわり、相手を陥れてやろうという思いが生じてしまうこともあります。

そのような点では、悔しいという感情はネガティブなもののように感じられます。

思いや希望が叶わないときの悔しさは?

思いや希望が叶わないときの悔しさは?

悔しさの中にはもう1つ、自分の思いや希望が叶わないことである場合があります。

自分の思いを他人から馬鹿にされたり、ひどく傷つけられたりすると、悔しい思いを抱く人が大半であると思います。

また、自分の希望していたことが叶わなかったときも同様でしょう。

人は、自分が大切にしている思い、実現させたい願いが傷つけられたり叶わなかったりしたときに、辛く苦しく、そして悔しいという感情を抱きます。

自分の中の大切なものが大きければ大きいほど、悔しさも大きくなるのです。

悔しさをバネにして…込められた意味とは?

悔しさをバネにして…込められた意味とは?

ここまで、悔しいという感情の意味や心理についてご紹介しました。

それでは、「悔しさをバネにして」とは、どのような意味が込められているのでしょうか?

悔しいという感情は、自分の大切な思いが傷つけられたり、希望が叶わなかったときに生じます。

つまり、悔しい感情の中に、自分の思いやこだわり、強い信念があるということです。

 

悔しいのは、大切な思いやこだわり、信念を持っているから。

悔しい感情を抱くことは、自分に秘められた大切な思いに気づく機会でもあるのです。

悔しさをバネにして…実行するために必要なこととは?

悔しさをバネにして…実行するために必要なこととは?

「悔しさをバネにして!」

一言で言っても、実際にどのように行動したら良いのでしょうか。

ここからは、実行するために必要なことをご紹介していきます。

悔しい感情を目標として捉える

悔しい感情を目標として捉える

自分の中に大切な思いや希望がなければ、悔しいという感情も生まれません。

悔しいのは、大切な思いを貫けなかったり、希望を叶えられなかったから!

では、その悔しいという感情を目標として捉えてみましょう。

悔しさは、自分の本当の思いや願望、しいては自分のやりたいこと、達成したいことの発見につながります。

やりたいこと、達成したいことが何か分からないときは、何ができなくて悔しかったか、中途半端に終わって悔しかったかを考えてみると、その答えが見つかることもあるのです。

その悔しい感情を目標として捉えれば、おのずと自分のやりたいことが分かってきます。

悔しい感情から得られたことに感謝する

悔しい感情から得られたことに感謝する

悔しい感情を抱くと、自分の本当の思いやこだわり、信念を発見することができます。

そのきっかけを与えてくれた悔しさに、感謝してみましょう。

もちろん、自分の気持ちを押しころして無理やり感謝する必要はありません。

悔しさを感じなければ、執着することもなく、辛い思いをすることもないのですから。

でも、悔しい感情の中にこそ、自分がやりたいこと、夢や目標が隠れているのかもしれません。

悔しさに感謝するのは、自分の中の新たな発見、将来に向けての夢や目標を持つきっかけになるものであると認識することでもあるのです。

悔しい感情を執着心に変換しない

悔しい感情を執着心に変換しない

悔しい感情を抱いたときに注意すべきことは、それを執着心に変換しないことです。

自分の大切な思いや希望を馬鹿にされたり傷つけられたりしたとき、その相手を見返してやりたいと思うこともあります。

でも、そこにばかり囚われると、悔しさが執着心へと変換されることもあるのです。

執着することは、それが果たされない限り満たされないということ。

そして、たとえそれが果たされたり達成したりしたときでも、満たされるのは一瞬ですぐにまた執着心が沸き上がります。

そうなると、悔しさをバネにしても、ただ辛いだけになってしまいます。

大切なのは、悔しさに執着することではありません。

悔しい感情の中に隠された目標に向かって、前進していけるよう意識してみましょう。

まとめ:悔しさにあるプラス面を見つけよう

まとめ:悔しさにあるプラス面を見つけよう

悔しいという感情を持つことは、辛く苦しいものです。

でも悔しさの中にこそ、自分の本当の思いや希望が隠されているかもしれません。

悔しさと向き合い、自分のやりたいこと、達成したいことを見つけて向かっていくことが、「悔しさをバネにする」ということなのです。

悔しさを執着心というマイナス面で捉えるのではなく、そこから夢や目標を持つというプラス面として捉えることで、充実した人生へとつながっていくのです。