Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
生活

唇を触る癖がある人の心理や考え方は?男女の自分の唇をなぞる意味

唇を触る癖がある人の心理や考え方は?男女の自分の唇をなぞる意味

誰にでも、自分では気づいていない癖を持っていますよね。

例えば、貧乏ゆすりや腕を組む、髪を触るや爪を噛むなど、無意識のうちにやってしまうことは人それぞれです。

そんな中で、身近に唇を触る癖がある人はいませんか?

気が付くといつも唇に指が触れている人には、特有の心理や考え方が潜んでいるのです。

そこで今回は、そんな唇を触る癖がある人の心理や特徴についてご紹介したいと思います。

あなたの周りに同様の人がいれば、当てはまるところがないか是非チェックしてみてくださいね。

気にしてほしい

唇を触る癖がある人は、自分のことを気にしてほしい心理

唇を触る癖がある人は、自分のことを気にしてほしい場合があります。

そこには、

  • 相手の気を引きたい、
  • 悲しみを共有してほしい、
  • 自分の思い通りにしたい、
  • 心が不安定、
  • 優しくされたい

などの心理が潜んでいます。

気にしてほしいから唇を触る人の特徴として、

  • 特に用もないのに頻繁に連絡する、
  • 相手の行動や人間関係に口出ししたがる、
  • 自慢話が多い、
  • 周りに聞こえるように独り言を言う、
  • 他人が驚くような発言が多い

などが挙げられます。

人にはそれぞれ都合があり、一人のためにずっと時間を費やすことはほぼ不可能です。

にもかかわらず、自分のことを気にしてほしいからと相手の行動まで制御しようとすると、逆に相手は離れていってしまいます。

相手に依存するばかりではなく、自分の中で問題を解決したり昇華したりすることも必要です。

まずは自分自身と向き合い、相手にしてしまった自分の行動を振り返ってみましょう。

自分勝手な行動が、いかに相手を困らせていたか分かるはず。

相手への感謝の思いを言葉にしたり、相手が喜ぶことは何かを考えることで、少しずつ自分本位な感情が抑えられていきます。

思い通りにならないことは、自分自身が原因であることも少なくありません。

これまでの自分を客観視することで、改善策が見つけられ、良い方向へと流れが変わることもあるのです。

相手に自分の嘘を気づかれたくない

唇を触る人は、相手に自分の嘘を気づかれたくない

唇を触る人は、相手に自分の嘘を気づかれたくない場合があります。

そこには、

  • 動揺している自分を悟られたくない、
  • この場を上手く切り抜けたい、
  • 事実を認めたくない、
  • 嘘を隠すためにさらに嘘を重ねる

などの心理が潜んでいます。

嘘を気づかれたくないから唇を触る人の特徴として、

  • いつもと違う態度で接してくる、
  • スマホを周りに見せないようにしている、
  • うっかり口を滑らせないよう口元を気にしている

などが挙げられます。

保身のために嘘をつき続けても、良い結果より悪い結果に転がることが多いです。

その場を切り抜けることばかり考えて、後々の影響を何も考えずにはっきりしない態度や言動のままでは、周りからの信頼を失うことになりかねず、気づいたときには取り返しのつかない状況にまで追い込まれることもあるのです。

過ちは、大なり小なり誰にでもあること。

その場を切り抜けることを考えるのではなく、自分の非を認めて謝ったり、誠実な態度で臨むことで、相手も許す気持ちになれたり、信頼できたりします。

その場限りの嘘は、重みのない言葉です。

それを聞いた人は、その重みのない言葉で人間性を認識します。

そして、どれだけ嘘で取り繕うとしても、分かる人には分かるものです。

嘘をつき、それが周りに知られたときのリスクを想定することで、自分の選ぶべき態度や言動が分かるようになります。

嘘を付き続けることで得られるものはない、そのことを心得ることが大切です。

孤独感が大きい

唇を触る癖がある人は、孤独感が大きい場合

唇を触る癖がある人は、孤独感が大きい場合があります。

そこには、

  • 自分のことを見てほしい、
  • 話題を振って欲しい、
  • 興味を持ってほしい、
  • 自分の存在価値を認識したい

などの心理が潜んでいます。

孤独感が大きいから唇を触る人の特徴として、

  • 他人とのコミュニケーションが苦手、
  • 大人数の場で孤立しがち、
  • 一人の時間が多い、
  • 変わった行動や意味深な言葉で他人の気を引こうとする

などが挙げられます。

人とのコミュニケーションは、様々な場面で必要になってきます。

でも、無理をして他人と関係を築こうとすると、精神的に疲れてしまいますし、上手くいかなかった場合に自己嫌悪に陥ることもあります。

また、相手の気を引くために変わった言動や行動をとったり、嘘までついてしまうと、逆に周りから敬遠されてしまうことにもなるのです。

もちろん、人との適度なコミュニケーションは大切ですが、自分を隠して必要以上に無理をすることはありません

趣味などで一人の時間を充実させたり、周りに合わせることなく自分は自分と思うことで、次第に孤独を感じなくなっていきます。

一人でも充実した時間を過ごせれば、少しずつ自分に自信を持てるようになり、それが態度や表情にも出てきます。

他人に自分の意見を伝えたり、意思を貫くことへの抵抗を感じなくなり、無理せず他人と関係性を築くことにつながることもあるのです。

それでも、今よりコミュニケーション能力を向上させたいなら、積極的に外へ出て人と話す機会を増やしましょう。

多少失敗してもくじけず、無理のない範囲で続けることが大切です。

相手とキスしたい気分

唇を触る癖がある人は、相手とキスしたい気分の場合

唇を触る癖がある人は、相手とキスしたい気分の場合があります。

そこには、

  • 相手に好意を抱いている、
  • なぜか放っておけない、
  • 幸福感を得たい、
  • もっと愛情を感じたい、
  • 守ってあげたい

などの心理が潜んでいます。

キスしたい唇を触る人の特徴として、

  • お酒に酔って警戒心が低くなっている、
  • 人より性欲が強い、
  • ボディタッチが多い、
  • その場の雰囲気に流されやすい、
  • 自分の感情を確かめるためにキスをしようとする

などが挙げられます。

好きな人とキスをすると、オキシトシンという幸せホルモンが分泌されます。

これによって、

  • 人は幸せな気分になったり、
  • 親密さがアップしたり、
  • ますます愛情が高まったり、
  • ストレスが軽減されたり

するのです。

キスをして幸せな気分に浸りたいなら、

  • 二人きりになれる状況を作ってみたり、
  • 可愛く甘えてみたり、
  • さりげないボディタッチで好意をアピールしてみる

と、効果的ですよ。

なぜ唇を触るの?男性の心理と特徴

なぜ唇を触るの?男性の心理と特徴

唇を触る癖がある人は、男性と女性によってその理由が違うことがあります。

ここからは、男女別の心理と特徴について見ていきたいと思います。

まずは男性から。

唇を触る癖がある男性は、ロマンチストである場合があります。

そこには、

  • 相手のことが好き、
  • 相手に喜んでもらいたい、
  • 男性としての魅力をアップさせたい、
  • 理想の自分に近づきたい

などの心理が潜んでいます。

ロマンチストだから唇を触る癖がある男性の特徴として、

  • 鏡を見つけるたびに自分の姿をチェックする、
  • 他人を褒めることが得意、
  • 映画やドラマのような甘い言葉を平気で言う、
  • 理想と現実にギャップを感じている

などが挙げられます。

ロマンチストな男性は、相手に喜んでもらえることを考えるのが大好きです。

相手が彼女であれば、

女性の気持ちを汲んだ会話やデートをしてくれたり、

出かける際に時間がかかっても

「自分と会うためにきれいなメイクをしてくれている」

「デートだからファッションに迷っているんだ」

とポジティブに捉えてくれます。

あなたもロマンチストな男性のように彼女を喜ばせたいと思ったら、

  • 普段はしないようなサプライズを計画してみたり、
  • 恥ずかしがらずに少し甘い言葉をかけてみたり、
  • いつもとは違うデートコースを提案してみる

と効果的です。

なぜ唇を触るの?女性の心理と特徴

なぜ唇を触るの?女性の心理と特徴

唇を触る癖がある女性は、相手に甘えている場合があります。

そこには、

  • 同情してほしい、
  • 手助けが必要と思ってほしい、
  • 注目されたい、
  • 可愛そうな自分を演じたい

などの心理が潜んでいます。

甘えているから唇を触る癖がある女性の特徴として、

  • 幼少期は甘やかされて育った、
  • 涙を見せれば許されると思っている、
  • 注目されるために自分をアピールする、
  • 意味深な言葉や仕草で気を引こうとする

などが挙げられます。

日常生活において、自分の力だけでは及ばず誰かの手を借りることは、悪いことではありません。

でも、常に甘えて周りに頼ってばかりいると、いざという時に自分一人では何もできなくなってしまいます。

さらに、

  • 自分のミスをすぐに認められなかったり、
  • 言い訳ばかりしてしまったり、
  • 自分本位な考えで行動してしまったり、
  • すぐ感情的になってしまう

こともあるのです。

そうならないためにも、ときには自立する力と心を持つことが大切です。

小さなことで構わないので、一日に一つ目標を立ててそれを敢行するようにしてみましょう。

それを積み重ねていくことで、少しずつ自立心が芽生え、自信にもつながります。

やがて自分の言動や行動に対して責任感が出てくるので、自分のことばかりでなく他人を思いやることができたり、サポート側に回れるようになったりと、周りからの信頼を得られることにもなるのです。