Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
仕事

会社辞めたい人の辞めないべきか後悔せずに判断する転職方法

会社辞めるべきか辞めないべきか後悔せずに判断する方法
女性
女性

午前中泣いちゃったよ。しょげちゃったよ。

仕事できないから精神攻撃されて酷い。

仕事辞めたいよ!

女性
女性

早く仕事辞めたい、転職したい

なんであんなとこ就職したんだろ…

資格保護のために入った自分がいけなかった…

めちゃくちゃ後悔…

男性
男性

弱音も愚痴も吐くのあんまり好きじゃないけど言わせてください

本気で仕事辞めたい!

誰かに相談したい、聞いてほしいとか思ってしまうとまだまだ自分も弱いなと感じる

仕事が嫌で辞めたいと思っている人は多いように思います。

ですが、辞めて新しい会社に入っても時間が経てばまた嫌になり、辞めるというパターンを繰り返していませんか?

一時的な感情で転職ばかり繰り返していると、信用も無くしますし、労働環境も悪くなってしまいます。

辞めたいと感じた時は先のことも考え、時間を置いて冷静に考えることが大事です。

今回は会社を辞めるべきか辞めないべきか判断する方法、失敗のない転職の成功方法についてお話します。

仕事辞めたい

出典

この商品は現在取り扱いされていません

会社を辞める前に仕事のプラスの理由とマイナスの理由をチェックする

仕事が嫌になると、その環境全てが嫌になってしまいマイナス面しか見えなくなってしまいますね。

ですが、きっと仕事を始めた時はプラス面もたくさん見えていたのではないでしょうか?

そこでまず、辞めたいと感じた時には今の会社で仕事をするプラス面とマイナス面を両方再確認してみましょう。

あなたが感じているマイナス面が本質的なのか。一時的のものなのかも確認し、その問題が自分で解決できるものであれば、すぐに辞める必要はないのではないでしょうか。

辞めてしまうのは簡単ですが、仕事を辞めるリスクを考えると続ける選択をした方が良い場合もあります。

マイナスと感じていることも、裏を返せばプラスだという見方もできるはずです。

例えば給料が安くても、残業がないというプラス面があったりするはずです。

一度自分の環境を客観的に判断してみましょう。

マイナス面が自分で解決できる場合は自分一人で解決しようとせず、同じ思いを持つ職場の仲間と相談し、問題解決していきましょう。

ですが、自分で解決できないマイナス面があるときは転職を考えてみても良いのではないでしょうか?

例えば残業代が支払われない、労働条件が過酷すぎるなどという時は自分の力では解決できません。

このような状況が一時的であればすぐに辞める必要はありませんが、ずっと続くようであれば辞めることを考えても間違いではなさそうです。

ですが、辞めたいと感じている人は多くの場合、自分で解決できる問題の方が多いようです。

その理由として、仕事自体に興味が持てない場合と、自分がやりたい事が分からないと悩んでいる人が多いようです。

このような場合はどう判断すべきでしょうか?

会社辞めたいと感じたら「やりたくないこと」を先に考える

自分がやりたいことが分からず悩んでいる場合、やりたいことを見つけるのはなかなか難しいです。

そんな時はまずやりたくないことを書き出してみましょう。

今までの仕事から「これは二度とやりたくない」と言った経験がいくつかあるはずです。

実際に経験してやりたくないと感じたことは現実で体感しているので、まだ分からない夢の世界であるやりたいことを考えるより確実と言えます。

こうしてやりたくない事を外していくことによって、自分がやれることが分かってくるはずです。

社内外関係なく、アドバイスをもらう

『キャリア採用のプロたちが教える 後悔しない転職 7つの法則』ではメンター(自分よりも経験のある相談相手)を作ることで、転職を良い方向に導くと書いていました。

会社の上司ではなくても問題なく、年齢も関係ない、悩みを聞いてくれる存在を探しましょう。

あなたの今の状況を第三者の目線で見てもらい、会社を辞めること止めてくれたり、賛成してくれます。

会社以外の人間は、会社の損得なしにアドバイスをくれるので、あなたも相談しやすいと思います。

男性
男性
そんな人どうやって見つけるの?

会社以外でのメンターとの出会いの場は、会社以外での勉強会に参加がキッカケとなる場合が多いようです。

メンターは何人いても問題ありません。

沢山の声を聞いて最後は自分で決断しましょう!

男性
男性

第三者の目線は大切だよ。

自分よりも経験豊富な人間に相談しないとダメだけどね。

成功体験をしておく

転職に成功した人はこう言います。

「転職をする前にどんな業務でもいいから、とことんやりきった経験をしておく」

反対に、やり切らずに転職してしまうと転職先で失敗してしまうことになるかもしれません。

どんな小さなことでもいいので、成功体験をすること。

それを積み重ねていくことであなたの考え方、行動が変わっていきます。

そうなったあなたと、成功体験がない時のあなたは同じ「仕事やめたい」でも別モノになっています。

成功体験のあるあなたの「仕事辞めたい」は転職を成功させる可能性を大きくするでしょう。

女性
女性
成功体験をしろ!とはよく言われるよね。

資格よりも仕事を回すコツを身につけておこう

(転職の)成功法則に当てはまる人々に、
「どのようにスキルを習得しましたか」
と質問すると、

「とにかく仕事をがむしゃらにがんばること。
仕事上逃げないで、あらゆる問題に首を突っ込むこと」
と皆さん回答します。

資格を取るというやり方もありますが、沢山の経験をすることも大切です。

ただ、転職に成功している人は資格を持っている人が多い。

成功した人は資格を取ることを目的としていたワケではなく、仕事上の知識を増やすために勉強した結果のようです。

前職の成功経験と資格を武器に転職を成功した人もいるということを参考程度に頭に入れておいてください。

会社辞めたいならエージェント登録は必須

会社を辞めたいと感じて、感情的にすぐ辞めてしまうのは危険です。

辞めたいと考えているのならまず、準備としてエージェントに登録しておきましょう。

今活躍されている著名な人も、エージェントの力を借りたという人は多いようです。

登録しても自分は特別なスキルもないからと自信がないという人もいますが、外部から見たら魅力的な人材だと評価されスカウトが来ることも多くあります。

逆に自信があってもスカウトが来ない場合もありますが、自分の力を客観的にみる材料としてエージェントを利用してみるのも良さそうです。

会社辞める前に使っておくべきサイト

ですが数多くあるエージェントから、どのようなサイトを利用すればいいのか迷ってしまいますね。

そこでおススメしたいのが、リクナビNEXTです。

リクナビNEXTは一番多く利用されているエージェントサービスで、匿名で利用できます。

なのでまだ辞めると決めていない人でも、利用しやすいです。

そしてスカウトが来ても絶対に返信する必要はありませんので気軽に登録してみましょう。

そして自分の長所がよく分からないという場合はリクナビNEXTが提供している「あなたの5つの強みが分かる」グッとポイント診断サービスを試してみましょう。

複数の質問に「はい」か「いいえ」、または「どちらかといえばはい」「どちらかといえばいいえ」を回答していくだけで自分では気づかなかった強みが分かります。

この診断テストは当たっているとの声が多く、応募時に診断結果を添付することもできるので自分のアピールポイントにもなります。

今の会社を辞める前に試しに応募してみるのもおすすめです。

もし、自分に合う会社と巡り合えれば人生が大きくかわるきっかけになるかもしれません。

またはそのまま今の会社で頑張ろうと思いなおすきっかけになるかもしれませんね。

どちらにしても毎日仕事を辞めたいとネガティブな感情で過ごすのは辞めて、客観的に自分の市場価値を確認してみてはいかがでしょうか?

悩んでいる人はまず行動してみましょう。