Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
人生

生き方を変える方法!今の生き方でいいのか?辛い時や迷う時期にこそ

生き方を変える方法!今の生き方でいいのか?辛い時や迷う時期にこそ

自分の生き方を変えたい…

そう思ったことのある人は、少なくないと思います。

今の自分で本当に満足できているのか、自分の生き方はこれで良いのだろうか。

自分の中の疑問に気づき、現状が辛いと感じている人もいるかもしれません。

一言で「生き方を変えたい」と言っても、何をどうすれば良いのか、その答えはなかなか見出せないものです。

それが分かっていれば、すでに生き方を変えるために行動を起こしているはずですから。

ここでは、自分の生き方を変えたい、辛い現状から抜け出したいと思っている人へ、その方法を提案していきたいと思います。

なぜ現状が辛いと感じるの?

なぜ現状が辛いと感じるの?

自分の生き方を変えたいと思ったら、まず初めに、なぜ自分の現状が辛いと感じているのかを知ることが大切です。

ここでは、その理由をいくつかご紹介していきます。

自分の嫌いなことをやっている

生き方を変える方法!今の生き方でいいのか?辛い時や迷う時期にこそ

現状が辛いと感じる理由の一つとして、自分が好きではないこと、嫌いなことをやっている場合です。

人は誰しも、好きなことや嫌いなこと、得意なことや不得意なことがあります。

自分の好きなことや得意なことであれば、他の人よりそつなくこなせたり、良い結果が出たり、何よりやっていてとても楽しく、心が満たされますよね。

でも、嫌いなことや不得意なことは、なかなか上手くできません。

大変な思いをして続けたとしても、結果が伴わないことも多いのです。

そうなると残るのは、嫌な思いをしたということや、苦痛を感じたことばかりです。

苦しみを感じながら、嫌いなことや不得意なことを続けていると、やがて自分の本質を見失ってしまうことにもなります。

自分の本質とは違う生き方をしていることにより、現状が辛いと感じられるのです。

自分の好きなことができない

生き方を変える方法!今の生き方でいいのか?辛い時や迷う時期にこそ

現状が辛いと感じる理由の一つとして、自分の好きなことができていない場合があります。

これは、自分の嫌いなこと、不得意なことをやっている場合と似ています。

人には、大きなことでも小さなことでも、自分の好きなことがありますよね。

自分の好きな物を買ったり、美味しい物を食べたり、旅行に行ったり。

さらには、自分のやりたいことに向かってチャレンジすることもあるでしょう。

でも、様々な理由によってそれが叶わないとき、溢れる欲求を自分の中で抑え込むことになります。

自分の好きなことをやっていると、胸の奥が高揚して、とても幸せな気分になりますよね。

やりたいことにチャレンジして、思い通りの結果が得られなかったとしても、その行為ができたこと自体に充実感が得られます。

自分の好きなこと、やりたいことができていないということは、その充実感が得られないのです。

その結果、現状が辛いと感じてしまうのです。

自分が持つ常識の枠から出られない

生き方を変える方法!今の生き方でいいのか?辛い時や迷う時期にこそ

人はそれぞれ、「常識」という概念を持っています。

自分の親や身近な人から教わった常識で、その人の価値観や生き方が作られる場合もあります。

現状が辛いと感じていたら、それは自分が持つ常識の枠から出られていないからかもしれません。

人は、男性や女性、職業や立場、国籍など、それぞれのアイデンティティーを持っています。

その中で、幼い頃から蓄積された教えなどにより、自分自身の常識が作られます。

作られた常識に違和感を覚えても、違和感を覚えた自分がおかしいのだと思い込んで、その枠にとどまろうとしてしまうのです。

常識は、一人一人違うもの。

誰しも同じ考え、同じ価値観を持つ必要はありません。

自分の本音は違っても、常識から外れてしまうために本音を抑え込むことで、現状が辛いと感じてしまうのです。

現状が辛い…生き方を変える方法とは?

現状が辛い…生き方を変える方法とは?

現状が辛く、今の生き方を変えたいと思っても、何をどうすれば良いか分からない人も多いと思います。

そこで、生き方を変える方法についていくつか提案してみましたので、参考にしてみてください。

自分の好きなこと、やりたいことを知る

まず大切なのは、自分は何が好きで何がやりたいのかを、自分自身が知ることです。

生き方を変えるために行動したくても、自分のことを知らなければ何も始まりません。

一体自分は何が好きなのか、何がやりたいのかを明確にすることが、生き方を変える第一歩なのです。

ただし、ここで注意してほしい点があります。

それは、名誉や名声、見栄のためだけに目標を掲げないことです。

人の上に立つことや、お金を稼ぎたい、称えられたいと思うことは、決して悪いことではありません。

でも、それが一番の目標になってしまうと、視野が狭くなり、目先の損得ばかりを考えるようになってしまいます。

ちょっとでも悪いことが起きれば自分を否定することにつながるので、再び自分の生き方に不満が生じます。

名誉や名声、見栄などは、周囲ありきのもの。

周囲のことを気にするのではなく、まずは自分の本当に好きなこと、本当にやりたいことなどを明確化してみましょう。

行動に移してみる

現状が辛い…生き方を変える方法とは?

自分の好きなこと、やりたいことを明確にしても、そこで何もしなければ当然何も変わりません。

次は、自分の好きなこと、やりたいことを行動に移してみましょう。

もしやりたいことが人間関係であれば、抑え込んでいた気持ちを思い切って相手にぶつけてみましょう。

何も変わることはないと初めから諦めていては、本当に何も変わりません。

行動した結果、変わるかもしれませんし変わらないかもしれません。

でも、何もしなければ、何も変わることはないのです。

自分一人でやるのではなく、ときには人を頼ってみる

現状が辛い…生き方を変える方法とは?

自分の生き方を変えるために、自分の力で解決しようと意気込む必要はありません。

もちろん、自分一人でできることもあるでしょうが、何もかもすべてできる人はそう多くはありません。

人は誰しも、自分ではない誰かの助けを借りて生きています。

頑張り過ぎてしまったり、行き詰ったりしてしまったなら、親しい人を頼ってみることもときには大切なのです。

目先の損得だけで判断しないように心がける

現状が辛い…生き方を変える方法とは?

ここまで、自分の好きなこと、やりたいことを明確にし、実現のために行動することが大切であると説明してきましたが、注意点もあります。

それは、目先の損得だけで判断しないことです。

つまり、これをすれば周囲に褒めてもらえる、自慢できる、傷つかなくてすむといった、その場だけの満足だけを求めないようにするということです。

本当に好きなこと、やりたいことであったのなら、それを求めて行動することは大切です。

でも、表面的な部分だけを見て、その時だけ得をするようなことは、結果的に自分の可能性、しいては人生そのものが制限されてしまうことにつながります。

他人の意見や目を気にするのではなく、その場限りの満足ではない、自分の好きなこと、やりたいこと、心の底から求めるものが根底としてあるということを忘れないようにしましょう。

また、自分の生き方について金銭面での変化を求めている場合でも、値段を気にするのではなく、自分が本当に欲しいものを購入するよう心がけましょう。

「安い」を基準にしてしまうと、安いから必要としていないものまで買ってしまうこともあり、結果的に無駄遣いしてしまうことも少なくありません。

安いから買うのではなく、高くても自分が望んでいるものであれば、思い切って購入することも大切です。

本当はずっと欲しかったけれど値段が高いから我慢するのは、自分の心が満たされない、豊かではないという思いが無意識のうちに増幅されてしまいます。

値段が安くても高くても、それが本当に自分の欲しいものかをじっくりと考え、それでも欲しいと思ったなら思い切って購入しましょう。

それで心が満たされたり、豊かさが継続するのであれば、その判断は正しかったということなのです。

生き方を変えるための方法とは?大切なのは考え方

生き方を変えるための方法とは?大切なのは考え方

今の生き方を変えるために、自分の好きなこと、やりたいことを明確にし、それに向かって行動することはとても大切です。

その前段階として、自分の考え方を変える必要があります。

もし、考え方を変えないで行動しようとすれば、その行動がマイナスに働いてしまうこともあるのです。

ここからは、生き方を変えるために大切な考え方についてご紹介します。

周りのせいではなく自分次第だと考える

生き方を変えるための方法とは?大切なのは考え方

実際に、今まで抑え込んでいた自分の好きなこと、やりたいことを行動に移してみてください。

これまで行動できなかった理由を、大なり小なり周りのせいにしていたことに気づくことでしょう。

身近な人が否定したから!

環境が悪かったから!

行動したときに失敗したくない、傷つきたくないという思いから、そんな言い訳をしていただけに過ぎなかったことを認識するはずです。

もちろん、今はそれでも良いでしょう。

でも、自分の生き方を本当に変えたいと思ったら、今後は周りのせいにするのではなく、すべて自分次第であるという考え方に変えていってください。

生き方を変えるのも変えないのも、すべて自分次第なのです。

いつかやる、という考えを捨てる

生き方を変えるための方法とは?大切なのは考え方

「いつかやる」と考えたことのある人は多いと思います。

そして、「いつかやる」と思ったことを、結局実行しなかった人も少なくないのではないでしょうか。

いつかやると思ってやらない人は、環境や時間、周囲の人やお金など、何かしら理由を見つけて行動できないフリをします。

つまり、自分が行動しなくて良いように、次々と条件を出してきて現況を守ろうとしているのです。

生き方を変えたいなら、やらない理由、できない理由は単なる言い訳にすぎません。

そんなものは払いのけて、一歩を踏み出す勇気を出せる人が、今の生き方を変えられるのです。

過去の自分と今の自分を結び付けて考えない

生き方を変えるための方法とは?大切なのは考え方

生き方を変えたいと思っているのにそれが叶っていなかったら、それは過去の自分にとらわれているからかもしれません。

過去にひどく怒られたり、悲しい思いをしたり、行動を制限されたりした経験がある人は少なくないと思います。

でも、それはそのときだけのもの。

今の自分に結び付ける必要など、決してありません!

過去の感情や痛みにとらわれて、今の自分が好きなこと、やりたいことまで押し留めてしまっていては、何も変えられないのです。

過去は過去、今は今。

あのときの悲しみ、苦しみ、痛みは、遠い昔のことと割り切って、思い切って捨ててしまいましょう。

大切なのは、今の自分と向き合うことです。

行動するために必要なものはすべて持っていると考える

生き方を変えるための方法とは?大切なのは考え方

現状が辛いのは、自分に足りないものにばかり目が向いているからかもしれません。

時間がない、お金がない、友人も愛する人もいない、誰からも認められていないなどと考えてはいませんか。

自分にはこれが足りていない、と思いながら行動していると、劣等感が強くなり、自己否定につながります。

足りていないというのは、単なる思い込みです。

自分の好きなこと、やりたいことは、何かを手に入れてからするものではありません。

足りていないと思うのではなく、好きなこと、やりたいことをする自分は、それをするために必要なものすべてを持っていると自分に言い聞かせることも大切なのです。

決断する

生き方を変えるための方法とは?大切なのは考え方

自分の生き方を変えるために、最後に必要なのは「決断」です。

今まで自分が信じてきたこと、自分の中の常識から離れ、新しい生き方をすることを決断するのです。

もちろん、これまでのことを変えるのはとても勇気がいるものです。

それでも本当に生き方を変えたいのなら、ぜひ勇気をもって決断し、新たな一歩を踏み出してください。

まとめ

生き方を変えるための方法とは?大切なのは考え方

自分の生き方を変えたいと思ったら、まずは自分の好きなこと、やりたいことを明確にしましょう。

辛い現状を周りのせいにするのではなく、自分の考え方次第で生き方は変えられます。

そして過去の自分にとらわれず、生き方を変えるために必要なものはすべて持っていると思うことが大切です。

最後は、新たな一歩を踏み出すために、勇気を持って決断してください。

本来、人は生まれたときから他人に誇れる素晴らしいものを持っています。

自分が好きなこと、やりたいことを明確にし、それを行動に移すのは、そんな素晴らしいものを持っている自分に戻っていくことです。

自分は何も持っていないと思い込み、自分自身を否定してしまうのは、本来の自分を抑え込み、現状が辛くなってしまいます。

自分は本来、素晴らしいものを持っている…

そう自分を肯定し、行動することで、自分が望む生き方に進むことができるのです。

しんちゃん
しんちゃん

人生は1度しかありません。

1度しかないんです。

楽しみましょう。