Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
人生

どうしようが口癖の人の心理!怖い、不安、心配、辛い、焦り、もし!

どうしようが口癖の人の心理!怖い、不安、心配、辛い、焦り、もし!

常日頃から、「どうしよう」と言い続けている人がいます。

反対に、「どうしよう」とうろたえることが少ない人もいます。

どうして、このような違いが生まれるのでしょうか。

「どうしよう」という言葉を耳にすることはよくありますが、発する側も聞いている側も気持ちの良い状態ではありません。

特に発している側は、ぎりぎりの状態にあると言えるでしょう。

特に、常々「どうしよう」と言っている人は、日々ぎりぎりの状態に陥っているのです。

それは生き方が不器用であったり、心身共に疲れ果てていたりということです。

勿論周囲を気にできる状況ではないため、ついつい口に出してしまいます。

それでは一緒に「どうしよう」が口癖の人の心理を見ていきましょう!

不安がある場合

人は誰でも、大なり小なり不安感を抱くことがあります。

それは当たり前のことで、なんらおかしいことではありません。

しかし、できるだけ早く解放されたくなる気持ちでもあります。

どうすれば、不安感を和らげることができるのでしょうか。

一番手軽な方法は、不安感そのものを言葉にすることです。

口に出すことで緊張が解け、状況を変える行動を取ることができます。

この言葉こそが、「どうしよう」やそれに類する言葉なのです。

常日頃「どうしよう」と言っている人は勿論、そうでない人もこれに当てはまる人が多いでしょう。

一見、良い言葉ではないかもしれません。

それでも、私達の役に立っているとも考えられるのです。

焦りがある場合

どうしようが口癖の人の心理!怖い、不安、心配、辛い、焦り、もし!

不安感と焦燥感は、違いはあれど似通った感情です。

不安のあまり、焦ってしまうこともあるでしょう。

二つの感情は関係性が高く、密接に絡まり合っています。

例えば、焦燥感によって頭が真っ白になるときがあるでしょう。

そのときには、これ以上事態が悪化しないように祈る気持ちもあると思います。

事態が悪化することに対する不安感。

現状を変えなくてはいけないという、焦燥感。

これらが人に、「どうしよう」と言わせてしまうのです。

この言葉を常々発している人の場合は、常に不安感と焦燥感に駆られていると言えるでしょう。

それほどの感情に苛まれるということは、処世術に疎く、世渡りが苦手だとも考えられます。

心配事がある場合

どうしようが口癖の人の心理!怖い、不安、心配、辛い、焦り、もし!

不安感や焦燥感を抱く原因とは何でしょうか。

大抵の人の場合、何らかの事態を憂い、現状に困っていることが原因になっているはずです。

つまり、それこそが「どうしよう」という言葉の根本的な原因なのです。

先述の通り、「どうしよう」と発する背景には、緊張感を解こうとする心の動きがあります。

しかし同時に忘れてはならないのが、周囲に問いかける役割も持つということです。

一人ではどうしようもない事態に直面したとき。

誰かの意見が欲しいとき。

「どうしよう」と言うことで、誰かの助けが得られるかもしれません。

こう考えると、「どうしよう」という言葉は、事態を解決しようという試みとも言えるでしょう。

どうしようが口癖の人の特徴

どうしようが口癖の人の心理!怖い、不安、心配、辛い、焦り、もし!

常日頃、「どうしよう」と言い続ける人のイメージとは、一体どのようなものでしょうか。

おそらく、あまり良いイメージは抱かないことでしょう。

基本的に、「どうしよう」という言葉は、にっちもさっちもいかなくなった場合に発する言葉です。

それがつい口に出るということは、キャパシティーが非常に狭い人だと考えることができます。

もしくは、後先考えずに突進している場合もあるでしょう。

自分の許容量を知らなければ、物事を解決することはできません。

すぐに狼狽し、人に助けを求めようとします。

その言葉が、「どうしよう」という一言に集約されてしまうのです。

こういったことが積み重なると、良いイメージを抱くことができなくなってしまいます。

イライラしている人

どうしようが口癖の人の心理!怖い、不安、心配、辛い、焦り、もし!

自分の許容量を超えるような内容のものに出会ったとき、人は「どうしよう」と口に出します。

常々「どうしよう」と言い続けている人の場合は、いつでも許容量をオーバーしていると考えることができます。

自分の能力ではどうしようもないとき、人は苛立ち、ぎすぎすした雰囲気を醸し出します。

それが、「どうしよう」と口に出し続ける人のイメージに繋がります。

落ち着きがなく、どこかとげとげしいような、負のイメージです。

これが独り言で、発する頻度も高くないのであれば、自分自身を落ち着けるための言葉になる場合もあります。

自分との対話で、解決策を導き出そうとしているのです。

要領がよくない人

どうしようが口癖の人の心理!怖い、不安、心配、辛い、焦り、もし!

世の中には、辛い顔を見せずに仕事をこなせる人が存在します。

こういった人は颯爽としており、カッコいい大人のイメージがあるでしょう。

では、「どうしよう」と言い続ける人に対しては、どんな感想を持つのでしょうか。

ほとんどの場合は、仕事ができる人の正反対のイメージを持つでしょう。

つまり、手際が悪くうろたえやすい、仕事ができない人といったイメージです。

言葉というのは、相手に「伝える」ために存在しています。

自分が意図せずに発した言葉でも、思いもしない影響を与えることがあります。

「どうしよう」という言葉によって、助けが得られることがあるかもしれません。

しかし、周囲を不快にさせることも多々あるのです。

仕事ができない人で信頼ができない人

どうしようが口癖の人の心理!怖い、不安、心配、辛い、焦り、もし!

なぜ「どうしよう」と言い続けるようになったのでしょうか。

「どうしよう」という言葉が多い人に見られがちなものが、過去を省みることが苦手で、似たようなことでつまずいてしまう、というものです。

その都度解決策が見いだせず、結果、「どうしよう」が決まり文句のようになってしまうのです。

そんなことを繰り返していれば、自分への自信は失われていきます。

卑屈になり、自分が犯した失敗の責任を取ることすら、難しくなってしまいます。

そんな心境は、意外と人へと伝わるものです。

自分に自信が無い人の言うことを、他人は簡単に信じることはできません。

信頼感を損ない、仕事を任せられない。

「どうしよう」と言い続けることで、人にこんなイメージを抱かせてしまうのです。

自信が持てるよう行動してみることこそが、重要なのです。

どうしようはマイナスのイメージ?

どうしようが口癖の人の心理!怖い、不安、心配、辛い、焦り、もし!

今起こっている、自分ではどうしようもない事態。

もしくは、どうしようもないと思い込んでいる事態。

それらは、自分自身が呼び込んだものかもしれません。

暗い言葉を使えば、自分も周囲も暗い気持ちになってしまいます。

暗い気持ちでは、前向きに対策を練ることもできず、ますます悪い状況に陥ってしまうことも多いでしょう。

反対に明るい言葉を発していれば、わずかな希望を見いだすこともできるでしょう。

昔からの言葉に、「言霊」というものがあります。

良かれ悪しかれ、言葉が持つ影響力は強いものなのです。

「どうしよう」という言葉の中には、どうしても暗いニュアンスが含まれています。

意識して明るい言葉を使うことで、周囲の環境や状況が一変するかもしれません。

少なくとも、物事に立ち向かう心境は変化するはずです。

生きている中で、暗い言葉を使いたくなることは必ず訪れます。

しかし、言葉の重要性を考えて、発する言葉を選んでいくようにしましょう。

どうしよう」が口癖の理由は?

どうしようが口癖の人の心理!怖い、不安、心配、辛い、焦り、もし!

「どうしよう」という言葉は本来、切羽詰まったときに発してしまう言葉です。

また、周囲に助けを求める言葉でもあります。

その上その助けとは、人に決定権をゆだねることでもあります。

こう考えると、「どうしよう」と常日頃言い続けることは、望ましいものではありません。

本当にどうしようもないときは仕方無いのかもしれませんが、出来る限り「どうしよう」と言う機会を減らせるように立ち回った方が良いでしょう。

「どうしよう」をやめる

どうしようが口癖の人の心理!怖い、不安、心配、辛い、焦り、もし!

「どうしよう」という言葉は、できるだけ使わない方が賢明です。

それが分かったのであれば、行動に移してみましょう。

最初に「どうしよう」と言うことをやめ、他に何ができるかを探っていくようにするのです。

発する言葉は、出来る限り明るいものを選びましょう。

そうしていくことで、わずかずつでも変化が訪れます。

困った事態に陥ることも、減っていくことでしょう。

前向きな考えで

どうしようが口癖の人の心理!怖い、不安、心配、辛い、焦り、もし!

言葉が持つ力は大きいものです。

明るい言葉は、心を明るくしてくれます。

暗い言葉は、心を暗くしてしまいます。

意識して明るい言葉を使うことで、周囲との軋轢も減っていくことでしょう。

「どうしよう」と後ろ向きでいることを止めましょう。

その代わりに明るい言葉を選ぶことで、自身を取り巻く環境が変わっていくはずです。

最後までご覧いただきありがとうございました!

ブックマークお願いします!