Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
生活

足を開いて座る人の心理!電車で足を開いてしまう癖の男性と女性とは?

足を開いて座る人の心理!電車で足を開いてしまう癖の男性と女性とは?

街中で、大きく足を開いて座る人を見かけたことはありませんか?

家のソファでならともかく、人が大勢いる場所や、バスや電車など公共機関でも構わず足を開いて座ると、周囲から不快に思われたり、迷惑になる場合もあります。

女性
女性
ついつい電車の中で足を開いてしまう!

男性のみならず、女性でも足を開いて座っていると、なぜ足を開いて座ってしまうのか疑問に思ってしまいますよね。

足を開いて座る人には、その人特有の心理からきている場合があります。

そこで今回は、足を開いて座る人の心理や特徴について見ていきたいと思います。

身近にそのような人がいれば、当てはまるところがないか是非チェックしてみてくださいね。

デリカシーがないから?

足を開いて座る人の心理!電車で足を開いてしまう癖の男性と女性とは?

電車で足を開いて座る人は、デリカシーに欠けている場合があります。

そこには、

  • 自分の常識が世間の常識、
  • 自分に悪いところは何もない、
  • 何をやっても許してくれるはず

などの心理が潜んでいます。

デリカシーに欠けるから足を開いて座る人の特徴として、

  • 自分を客観視する能力に乏しい、
  • デリカシーがないことを自覚していない、
  • 親子で同じ癖がある、
  • 相手の気持ちを考えずに発言する、
  • 強引に押し付けたり決め付けることが多い

などが挙げられます。

年齢を重ねるにつれて、デリカシーのない行動や言動は、世間的に許されなくなっていきます。

それに気づかず、相手のプライベートに平気で踏み込んだり、コンプレックスに触れるような発言や行動を続けると、知らないところでその人間性を疑われることにもなります。

そうなると、周囲との良好な関係を築くことも困難ですよね。

デリカシーを持つことは、相手を思いやることでもあります。

思いついたらすぐ行動や発言に移すのではなく、それによって相手がどう思うかを考えるようにしましょう。

そうすることで、相手の気持ちを想像できるようになり、人の話を聞けるようになったり、発言しても良い相手かどうかを見極められるようにもなります。

もし、身近にデリカシーに欠ける人がいたなら、調子に乗らせないようにしたり、なるべく接触は避けるようにするのも方法として効果的です。

足を開いて座る:男性の場合

足を開いて座る人の心理!電車で足を開いてしまう癖の男性と女性とは?

足を開いて座る人は、男性と女性でその理由が違う場合があります。

ここからは、男女別の心理や特徴について見ていきたいと思います。

まずは男性から。

男としての魅力をアピールしたい

足を開いて座る人の心理!電車で足を開いてしまう癖の男性と女性とは?

足を開いて座る男性は、男としての魅力をアピールしたい場合があります。

そこには、

  • 誰よりも自分が男として優秀である、
  • 女性を自分のものにしたい、
  • 思い通りにならないと気が済まない

などの心理が潜んでいます。

男としての魅力をアピールしたいから足を開いて座る男性の特徴として、

  • 見るからに肉食系、
  • やたら接近してくる、
  • 性欲が強い、
  • 血気盛んですぐに闘争心を燃やす、
  • 女性をじろじろ観察している

などが挙げられます。

男らしく逞しい男性は、女性にとっても魅力的に映りますよね。

でも、男らしさ=強引さ、亭主関白、性欲の強さと捉えてしまうと、

  • デリカシーがなく下ネタばかり言ってしまったり、
  • 自分の要求ばかりで相手の話を聞かなかったり、
  • 束縛が激しくなったり、
  • すぐ浮気してしまったり

など、マイナス面ばかりが目立つようになります。

自分本位な男らしさは、女性には受け入れ難いもの。

逆に、男らしさ=逞しさと捉えることができれば、女性も一緒にいることで安心感を得られたり、互いへの気遣いを大事にできるなど、より良い関係を保てるようになるのです。

男としての魅力をアピールしたいなら、男らしさとは何かを勘違いせず、等身大の自分の魅力を最大限に引き出しましょう。

セクハラをしたい?

足を開いて座る人の心理!電車で足を開いてしまう癖の男性と女性とは?

足を開いて座る男性は、セクハラがしたい場合があります。

そこには、

  • これくらいの行為なら許される、
  • 相手も喜んでいるはず、
  • セクハラに抵抗がないと思っている、
  • 自分に好意があると勘違いしている

などの心理が潜んでいます。

セクハラがしたいから足を開いて座る男性の特徴として、

  • 若い女性をじろじろ見ている、
  • 明らかに下心がある目つきをしている、
  • 周りの女性から嫌われていることに気づいていない、
  • 気の弱い女性を選んで接触する

などが挙げられます。

セクハラは、当然許されない行為です。

にもかかわらずセクハラ行為を繰り返してしまうと、最近の風潮として取り返しのつかない事態を招きます。

セクハラをするのは、結局のところ女性を軽視しているから。

女性が反撃しないと高をくくっていると、ある日突然セクハラを告発されたり、その証拠をとられて言い訳できない状況に追い込まれたり、最悪の場合会社から解雇されてしまうことも考えられます。

セクハラ行為で女性に好かれる男性は、皆無です。

女性に好意があるのなら、自分の誠実さをアピールして、人として尊敬できるような振る舞いを心がけましょう。

足を開いて座る:女性の場合

足を開いて座る人の心理!電車で足を開いてしまう癖の男性と女性とは?

女性として自覚がない

足を開いて座る女性は、女性として自覚がない場合があります。

そこには、

  • 身だしなみを気にしたくない、
  • 化粧をしなくても平気、
  • 女性としての美しさには興味がない

などの心理が潜んでいます。

女性としての自覚がないから足を開いて座る女性の特徴として、

  • 周囲の目を気にしない、
  • 身だしなみが整っていない、
  • 化粧や肌の手入れをしない、
  • 同じような女性ばかりと親しい

などが挙げられます。

もちろん、化粧をしなくても綺麗な女性はたくさんいますし、肌の性質などによって化粧ができない人もいます。

でも、敢えて化粧をしない、できない人と、面倒だからしない人とでは、女性として大きな差があります。

女性としての自覚なく、最低限の身だしなみも整えないことには、たとえどれ程の能力があっても、周りから良い目では見られないことが多いものです。

もし彼氏ができたとして、それを気にしない人なら良いのですが、友人や親に紹介することをためらうほどなら、マイナス面ばかりが大きくなります。

ほんの少し身だしなみを整えることで、周りの見る目はもちろん、自分の気持ちも上向きになります。

試しに化粧をしてみたり、香水をつけてみたりして、気分がウキウキしたならその気持ちを忘れないようにしましょう。

外見が整うと、自然と内面も変わっていきます。

女性としてはもちろん、社会人としてのマナーも意識するようになり、そうすると今まで以上に物事が上手く進むようにもなるのです。

女性である意識が低い

足を開いて座る人の心理!電車で足を開いてしまう癖の男性と女性とは?

足を開いて座る女性は、女性である意識が低い場合があります。

そこには、

  • 男性としての生き方が羨ましい、
  • 本当は男性になりたかった、
  • 女性らしさに興味がない、
  • ありのままの自分を受け入れてほしい

などの心理が潜んでいます。

女性である意識が低いから足を開いて座る女性の特徴として、

  • 言葉遣いが悪い、
  • 育った環境が良いものとは言えない、
  • 周りへの気遣いがない、
  • 男性の目を気にしない

などが挙げられます。

女性が男性のような振る舞いや言葉遣いをすることは、もちろん本人の自由です。

ですが、そうすることで不快に思う人がいたり、男性ウケが悪かったり、悪い印象を与えたりなど、デメリットが生じることも自覚しておきましょう。

もし、印象を変えたいと思ったなら、身なりやヘアスタイルを変えてみたり、言葉遣いを治したり、足を閉じて座ることを意識してみてください。

普段とは違う姿にギャップを感じ、好印象を持たれることもあるかもしれませんよ。

最後までご覧いただきありがとうございました!

他の記事も是非お読みください!