Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
人生

歩くのが速い人の特徴!早歩きな男性は負けず嫌い?女性は美人でスタイルが良い?

歩くのが速い人の特徴!早歩きな男性は負けず嫌い?女性は美人でスタイルが良い?

歩くのがやたら速い人がいますよね。

特に急ぐ必要のないときでも、誰かと一緒にいるときでも、自分の速度を保ってさっさと歩いて行ってしまう。

並んでのんびり歩きたいのに、一人で早く歩かれては、そのペースに合わせるだけでも一苦労ですよね。

なぜ、そんなに早く歩くのでしょうか。

今回は、そんな歩くのが速い人の心理や特徴についてご紹介します。

速すぎて一緒に歩けない、といつも嘆いている人は、相手に当てはまるところがないか是非チェックしてみてくださいね。

待つことが苦痛

歩くのが速い人は、待つことが苦痛である場合

歩くのが速い人は、待つことが苦痛である場合があります。

そこには、

  • 電車やバスに乗り遅れたくない、
  • 早いに越したことはない、
  • 常に自分のペースで行動したい、
  • 要領よく生きたい

などの心理が潜んでいます。

待つことが苦痛だから歩くのが速い人の特徴として、

  • 目的地へ少しでも早く着こうとする、
  • のんびりできない、
  • 待ち時間が何よりも嫌い、
  • 自分のペースを乱されることにストレスを感じる、
  • 遅刻する人とは付き合えない、
  • 深く考えることが嫌い

などが挙げられます。

遅刻をしないこと、時間前行動を心がけることは、一般社会においてとても素晴らしいことです。

でも、少しも待てない性格は、デメリットも生じさせます。

短い待ち時間にもイライラしてしまうと、感情に任せた行動をとりがちになります。

周りのペースや都合を考えずに自分のペースで動くので、

  • 短気な人だと思われたり、
  • 自分勝手な人、
  • 思いやりのない人

と認識されて、人間関係に亀裂が入ることもあります。

また、少し待てば良い方向に流れるかもしれない場面でも、早い段階で結論を出して流れを止めてしまったり、逆に損をしてしまうこともあるのです。

待てない性格は、様々な面で支障をもたらします。

改善したいと思ったら、まずは自分のペースを捨て、周りのペースに合わせて行動してみましょう。

最初のうちは、思い通りに動けないことにイライラすると思います。

でも、これまで自分の思い通りのペースで動けていたのは、周りがそのペースに合わせてくれていたからです。

つまり、今のそのイライラは、あなたに合わせてくれた人たちの感情でもあるのです。

そのことに気づけたら、他人のペースに合わせることの大変さが分かるはず。

相手の都合や立場に立って考えることで、相手の気持ちを察したり、思いやりも生じます。

そこで良好な関係が築けたら、以前よりも待つことに対して苦痛を感じなくなるはずです。

また、時間の調整や配分の仕方をアドバイスすれば、お互いにメリットが生まれます。

それでも待ちたくないときには、飲食店などでは事前予約で待ち時間を少なくしたり、混雑する時間帯を避けるなど、いろいろ工夫してみましょう。

頭の回転が速い

歩くのが速い人は、頭の回転が速い場合

歩くのが速い人は、頭の回転が速い場合があります。

そこには、

  • 無駄なエネルギーを使いたくない、
  • 良いことは何でも吸収したい、
  • 生きていて損をしたくない、
  • 無駄を排除したい

などの心理が潜んでいます。

頭の回転が速いから歩くのが速い人の特徴として、

  • いつも身の回りが整理されている、
  • 行動ペースが人より早い、
  • 常に考え事をしている、
  • 得た情報からいくつものアイデアを展開させる、
  • 話すスピードが速い、
  • 複数のことを同時進行で行う、
  • 物事に対して複数の選択肢を考えている

などが挙げられます。

頭の回転が速いと、

  • 何でも効率よく進めることができたり、
  • 様々な点から結果を予測できたり、
  • 結論を聞く前にある程度の想定ができる

など、高い情報処理能力を備えていることが多いです。

でも、頭の回転が速いばかりに、出来ない人、頭の回転が遅い人のことが理解できないこともあります。

そのため、

  • 出来ないことにいら立ってしまったり、
  • つい暴言を吐いてしまったり

など、周りへの配慮が欠けてしまうことにもつながります。

誰もが、自分と同じではありません。

自分のスピードについてこられない人がいて当たり前だと言い聞かせて、ときにはそのスピードに合わせることも大切です。

そうすることで、

  • 人を思いやることの大切さを知ったり、
  • また周囲の人にも良い影響を与えることにもつながる

ので、物事がスムーズに進むようになるのです。

健康のために歩くことを日課にしている

歩くのが速い人は、健康のために歩くことを日課にしている場合

歩くのが速い人は、健康のために歩くことを日課にしている場合があります。

そこには、

  • いつまでも健康でいたい、
  • 代謝を活性化させたい、
  • 歩くことでダイエットやシェイプアップにつなげたい、
  • 頭の中をすっきりさせたい

などの心理が潜んでいます。

歩くことを日課にしているから歩くのが速い人の特徴として、

  • 健康に対する意識が高い、
  • 身体を動かすことで気持ちも前向きになっている、
  • 日常生活では少し短気なところがある

などが挙げられます。

歩くことは、人としての基本であり、健康の指針にもなります。

手軽にできる健康法でもあるので、日常的に歩くことを意識しましょう。

距離や時間など、毎日目標を作ることで長続きしやすくなります。

ただし、無理な目標設定は逆に体を傷めることにつながるので、体調などを見ながら楽しく続けるようにしましょう。

せっかちな性格

歩くのが速い人は、せっかちな性格である場合

歩くのが速い人は、せっかちな性格である場合があります。

そこには、

  • 自分のペースで行動したい、
  • 少しでも早く結論を出したい、
  • 満足感が得られない、
  • 失敗によって流れを止めたくない

などの心理が潜んでいます。

せっかちな性格だから歩くのが速い人の特徴として、

  • 負けず嫌いですぐ他人をライバル視する、
  • 思い立ったらすぐ行動に移す、
  • 予定を変えられると不機嫌になる、
  • いつでも何かしら動いている、
  • 常に不安感がある、
  • 話の途中で結論を出したがる

などが挙げられます。

素早く行動することは良いことですが、その理由がせっかちだからとなると、何かしら支障も出てきます。

  • 他人のペースに対して感情的になってしまったり
  • 、協力しなければならない場面でも協調性を欠いてしまったり、
  • じっくり確認せずに次に進もうとして雑な作業になってしまったり

などのマイナス面が考えられます。

せっかちな性格は、自分の思い通りにならないときについ感情的になりがちです。

また、少し待つだけでより良い方向に進むかもしれないときでも、早く結論を出し過ぎて損をすることもあります。

ときには少し立ち止まって、じっくり周囲を観察してみましょう。

周りのペースに合わせることで、真っ直ぐしか見えなかった視野も開けていくかもしれません。

周りを見ることで焦っていた気持ちが落ち着き、焦って出した結論よりもさらに良いものが見つかることもあります。

せっかちな性格は、得よりも損をすることが多いもの。

せっかちから生じる感情を少しだけ抑えることで、見え方や考え方も変わることがあるのです。

予定だらけでいつも忙しい

歩くのが速い人は、予定だらけでいつも忙しい場合

歩くのが速い人は、予定だらけでいつも忙しい場合があります。

そこには、

  • 自分の仕事ぶりを見てほしい、
  • 常にストレスを感じている、
  • 物事に対する視野が狭くなっている、
  • キャパオーバーを感じている、
  • 現状に対して不満がある

などの心理が潜んでいます。

いつも忙しいから歩くのが速い人の特徴として、

  • 心から笑っていない、
  • 期限ぎりぎりまで作業している、
  • 余裕を持った行動ができない、
  • 自分のキャパシティを把握していない、
  • 感情的になりやすい、
  • 変化にすぐに対応できない

などが挙げられます。

あまりに忙しい日々が長く続いてしまうと、やはり何かしらの支障が出てくるもの。

  • 早く終わらせるために作業が雑になったり、
  • 目の前のことに精一杯で深く考えることができなくなったり、
  • 周りの状況やアドバイスも聞けなくなったり、
  • きつい態度をとってしまったり

など、悪い流れを断ち切ることが難しくなります。

忙しさの中でも、僅かで良いのでふっと一息つける時間を作ってみましょう。

そうすることで、頭の中が少しクリアになる感じがします。

すると、自分や周りの状況が見えるようになり、効率的な作業手順を改めて考えられる余裕も持てるかもしれません。

忙しくても頑張る自分を、たまには労わってあげましょう。

なぜ歩くのが速いの?男性編

歩くのが速い男性は、競争心が人一倍強い場合

歩くのが速い人は、男女によってその理由が違うことがあります。

ここからは、男女別での心理や特徴について見ていきたいと思います。

まずは男性から。

歩くのが速い男性は、競争心が人一倍強い場合があります。

そこには、

  • 誰にも負けたくない、
  • 勝負に熱くなりやすい、
  • 常に一番でいたい、
  • 周囲から称賛を得たい

などの心理が潜んでいます。

競争心が強いから歩くのが速い男性の特徴として、

  • 負けん気が強い、
  • 目立ちたがり屋、
  • 負けを素直に認めない、
  • 誰かに対抗しようとしたりライバル心を燃やしやすい、
  • 他人のアドバイスより自分の考えを優先しがち、
  • 他人と良好な関係を築きにくい

などが挙げられます。

他者に対する競争心は、自身の成長にもつながることもあり、決して悪いものではありません。

ですが、強すぎる競争心は、思い通りにいかない場合に強いストレスとなってしまい、却って自身を追い詰めてしまうこともあります。

また、常に競争心むき出しだと、周りは付き合いづらさを感じてしまうので、関係性が悪くなったり、敬遠されることもあるのです。

そうならないためにも、他者をライバル視するのではなく、認めることが大切です。

そうすることで、自分を見直すきっかけにもつながり、自分の非を素直に認めることができたり、競争ではなく協力する関係性を築けたりもするのです。

勝ち負けではないものが、世の中にはたくさんあります。

ときにライバルとして、ときに協力し合う仲間として、均衡を保ちながら関係性を深めていくと、これまで以上に良い結果が生まれるかもしれません。

なぜ歩くのが速いの?女性編

歩くのが速い女性は、高嶺の花を気取っている場合

歩くのが速い女性は、高嶺の花を気取っている場合があります。

そこには、

  • 自分に自信がある、
  • 常に自分が中心でいたい、
  • 自分のやり方を貫きたい、
  • 周りの人間とはレベルが違うと思いたい

などの心理が潜んでいます。

高嶺の花を気取っているから歩くのが速い女性の特徴として、

  • 美人でスタイルが良い、
  • 自分の魅力を理解している、
  • 自分磨きを怠らない、
  • 自尊心が高い、
  • 人の助けは必要ない雰囲気を持っている、

育ちが良いなどが挙げられます。

自分に自信があり、そのための努力を惜しまない女性は、とても魅力的です。

ですが、過剰な自信は周りを見下したり否定することにもつながり、それが態度や言動にも出てしまうこともあります。

また、変にプライドを持ってしまうと、

  • 自分の非を素直に謝れなかったり、
  • 態度や言動が嫌味にとらえられたり

して、周りから敬遠されてしまうこともあるのです。

自分に自信を持つことは良いことですが、高嶺の花気取りになるのではなく、謙虚さも忘れないようにしましょう。

そうすることで、同じ自信に満ち溢れた態度や言動でも、周りの捉え方が変わってきます。

女性の美しさは、外見だけでは決まりません。

内面も磨くことで、女性的な魅力がさらに増していくのです